昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

突然「Instagramをフォローしました」と言われ…

——ゆうさんはどうでしたか?

ゆう 自分は全く何も思ってなかったです。なんか新入り入ってきた、みたいな。すごいおとなしい子で、わいわい話す感じではなかったので、そんなに会話することもなかったです。

©石川啓次/文藝春秋

——そこから距離が縮まったきっかけがあるんですか? 

ゆう みいちゃんが僕のInstagramを「フォローしました」って言ってきたんです。僕はInstagramのプロフィール欄に「トランスジェンダー」って書いていたので焦りました。

みい ゆうのことをずっと気になっていたので、頑張ってアカウントを探してフォローしました。会話のきっかけになるかなと思って。ただ「トランスジェンダー」って書かれていたらしいんですけど、全然見ていなくて(笑)。

——ゆうさんはバイト先では、トランスジェンダーのことは話していなかったんですか。

ゆう 言ってなかったです。別に言う必要もないと思っていたので。これから仲良くなるだろうなって人には話していましたけど。そんな中で、みいちゃんから「アカウント見つけました」って言われたので、「うわ、ヤベえ。これ、全部正直に話さなきゃいけないの?」って思いました。それを踏まえて、飲みに行ったのがきっかけです。

©石川啓次/文藝春秋

——その時に急接近したんですね。 

みい そうです。居酒屋に行って、お酒を飲んでたら「トランスジェンダーなんだ」ってカミングアウトされて、驚きました。

ゆう 僕は知っていると思って話したので、そんなに驚くの? って思いました。ただ話していくうちに、気づいていなかったことがわかって「なんだ。わざわざ言う必要なかったじゃん」って思いましたね(笑)。

——みいさんはカミングアウトされてどうでした?

みい 驚きはしたんですけど、最初から男と思って接していたので、特に何か変わるわけでもなく…。もうその時は好きだったので。

z