昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ビートたけしの写真を切り出して…」映画『孤狼の血 LEVEL2』鈴木亮平の“ハリウッド俳優みたいな役作り”とは

『孤狼の血 LEVEL2』 白石和彌(映画監督)インタビュー #1

2021/08/21

 柚月裕子による同名原作小説を映画化した『孤狼の血』(2018)。広島の架空都市・呉原市を舞台に、違法すれすれの捜査を繰り返す一匹狼の刑事・大上(役所広司)と新米刑事・日岡(松坂桃李)が、暴力団組織同士の抗争を利用して大物の逮捕を狙っていく。刑事もの×『仁義なき戦い』と言われ、大きな話題となった作品の続編『孤狼の血 LEVEL2』が8月20日より公開される。前作から3年後の日岡の姿を描いたオリジナルストーリーだ。メガホンを執った白石和彌監督に話を聞いた。(全2回の1回目/後編へ続く)

白石和彌監督 ©2021「孤狼の血LEVEL2」製作委員会

広島のヤクザの抗争をもう1回描きたかった

――生々しく残酷な暴力描写や登場人物たちの迫力に1作目も圧倒されましたが、2作目も観終わってしばらく放心するほどでした。まず脚本作りについてお伺いします。

 前作は原作と結末をだいぶ変えているので、原作小説2作目の『凶犬の眼』に直結できないからどうしようかと思っていました。『凶犬の眼』では日岡が田舎の駐在になっているのですが、それよりは広島のヤクザの抗争をもう1回描きたかった。そこで脚本家の池上純哉さんやプロデューサー陣と、日岡の負け戦というような内容になっていくだろうというところからスタートして。役所(広司)さん演じる大上もいませんし、前作とは手触りを変える必要があるだろう、強烈な敵が必要だろう、よりエンタメ感を強くしよう、などと話しました。

――前作から引き続き出演する俳優もいましたが、コワモテで個性的な新キャストが揃いましたね。

 前作をやってから、会う人会う人、役者の方から「次は俺もやりたいです、呼んでください!」と、今までになかったアピールがたくさんありました(笑)。今回もキャスティングするうちにヤクザ枠が埋まってしまったんだけど、あの時、そう言っていたからと警察役でオファーしたら断られたりして。みんなヤクザ役をやりたかったみたいです(笑)。

©2021「孤狼の血LEVEL2」製作委員会

――日岡の前に立ちふさがる鈴木亮平さんのことを聞かせてください。

 対する松坂桃李くんが身長があるので、同じぐらいの大きい人がいいと思っていたし、亮平くんは『ひとよ』(2019)にも出てもらっているのですが、役の作り込みや掘り下げ方がハリウッドの俳優みたいなので、そこを信頼してお願いしました。