昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

枝野幸男氏 ©文藝春秋

立憲民主党の代表演説はPA(音響)の質が素晴らしかった

速水 今回の選挙は、FMで選挙特番のMCをやったこともあって、最終日の希望の党と立憲民主党の代表演説を見に行ったんだけど、両者は本当に正反対だった。

おぐら 支持層が違うとかではなく?

速水 立憲民主党は、新宿バスタ前の演説を見たんだけど、人が多くて全然近くまではいけなかった。100メートルくらい離れた場所に枝野の姿がちらっと見える程度。だけど演説の中身はすべて聞きとれたんだよね。とにかくPA(音響)の質が素晴らしかった。

おぐら 街頭演説って、内容以前にそもそも何を言ってるのか聞き取れないことがよくあります。

速水 音響は大事なんだよ。枝野が演説している近くの新宿東口側では共産党が演説をしてたんだけど、とにかくPAの音がうるさいの。そのせいで拒絶されていて、誰も聞いてなかった。

おぐら 音響だけでなく、立憲民主党はSNSにアップされる写真の質にも注力してましたよね。「#立憲カメラ」というハッシュタグを作ったり、構図にも画質にもこだわった写真を効果的に発信して。SNS映えを意識したことで、枝野代表が演説の合間で見せるオフショットに「えだのん❤かわゆし」とかって萌えてる人もたくさんいました。

速水 有権者との一体感があったんだよね。登場時と演説後は「枝野」コールで盛り上がっていたし、現場の盛り上がりもすごかった。で、そこから池袋に移動して、小池百合子を見に行ったの。

おぐら 池袋だったんですね。

速水 小池百合子のお膝元だから。あと、激戦区と思われた東京10区の若狭勝候補の応援でもある。こちらも新宿ほどではないけど、人は集まっていた。でも、伝えられていた時間になっても小池は全然来ないわけ。周囲もじれてきて、皆まじめに若狭候補の話を聞いてる感じじゃないのね。

おぐら あえての、じらす作戦ではなくて?

速水 いや、単に移動で遅れただけだと思うけど、小池さんが着いたときはさすがに歓声が沸いてた。でも5分もしゃべらずに演説が終わっちゃった。期待外れだったせいだと思うけど、小池コールすらなかった。なんか尻すぼみな感じ。

おぐら 町田では自分と同じ緑色の仲間である東急ハンズに「いろんなもの売ってますけど、ちょっと足りないのが希望」と、完全に要らぬケンカを売ってました。

速水 公示直前にビッグネーム候補者を出してくるとかの「仕掛け」があるんじゃないかって噂されていたけど、結局なかったし。いかに小池ブームに乗るかっていう時期があっただけに、その後の失速が目立った。

「新しい地図」のADにはサノケンが起用された

おぐら やっぱり戦略にはアイデアと優秀なスタッフが必要なんですよね。それこそ、新しい地図の広告には、例の東京五輪エンブレム盗作騒動で一躍有名になった佐野研二郎さんがアートディレクターとしてクレジットされてました。

速水 新しい地図が梁山泊みたいになっている。メジャーをしくじった人が再起をかけて集結する場みたいな。

おぐら 政党ではそういうのできないんですかね?

速水 一度しくじった人たちで結党するの? 山尾志桜里に豊田真由子に長谷川豊に宮崎謙介。あと誰だっけ? いや、さすがにそんな政党は支持できなくない?

国会議員経験者の3人 ©文藝春秋

おぐら 政治家は新しい地図にも入れないだろうし。

速水 新たに入れるなら、ジャニーズを退所した人たちでしょ。赤西くん、田口くん、田中くん、最後は森くんで。あ、ついでに安室奈美恵も……。

おぐら じゃあ、のんもお願いします……。

速水 芸能の世界も離合集散。これからは排除ではなく、包摂の論理だね。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー