昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/08/25

リハビリ中に知ったパラサイクリングが目標に

 退院すら難しいと言われていたが、驚異的な回復を見せ、自宅に戻れた。そうなると、「もう自転車には乗れない」という医師の意見も覆してみたくなった。

「『いけんじゃない?』と思って、家の近くの車が来ない道で試してみたら乗れました。うまく曲がれなくてぶつかったりもするんですけど。うれしかったですね。乗れたぁ、気持ちいいって」

 

 脳の左側にダメージを負ったせいで、右半身が不自由になった。洗濯物を干そうとして腕を伸ばすと、右だけが上がらない。機能は徐々に回復したが、いまも右半身は初動が鈍いという。

「あと、物を持って歩くのもちょっと難しいです。(杖や手すりなど)持つところがないと、歩くのが怖い感じはあります。どう歩いていいかわからないというか……」

 リハビリに取り組んでいたころ、パラサイクリングの存在を知った。レースに出ることが目標になった。

 

40代後半にして東京パラリンピックの金メダル候補へ

 2016年4月の事故から1年足らずで自転車ロードレースの国内大会に参加。2017年9月には、パラサイクリングの日本代表選手として、南アフリカで開催されたロード世界選手権に出場した。

 杉浦はその大会のタイムトライアルで、金メダルを獲得する。パラサイクリングの世界のトップ戦線にいっきに躍り出た。

 トライアスロンを楽しんでいた薬剤師から、東京パラリンピックの金メダル候補へ。40代後半にして一変したステージの上を、杉浦は歩んできた。

「ちょっと信じられなくて」という言葉は本音だろう。

「私、すごい暗い性格なんです。あか抜けないし、ダサい。暗いところでひっそり薬をつくってるのが好きだったのに。だから……そう、さかなクンみたいな感じ。薬のことになると別人になるねってよく言われるんです」

 

設定された目標がギリギリであるほど意欲が湧いた

 いまは自転車一本の生活を送る。かつての薬のように、自転車が心のよりどころになっているのだろうか。

 そんな質問には、こう答えた。

「自転車に関しては、すべてコーチにお任せしています。毎日、言われたメニューをきちんとこなすことが大好きです」

 彼女の性分なのだろう。事故の前から、トライアスロンの練習では設定タイムを切ることに燃えていた。入院中の計算ドリルも、タイムを測って取り組んだ。設定された目標が、できるかできないかのギリギリであればあるほど、意欲が湧いた。与えられたタスクをクリアすること。縮んだタイムを指標にして成長を確かめること。それが何よりも強力な動力源なのだ。