昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『本当は気持ちよかったんやろ』『濡れとったで』HIPHOPの人気作曲家が交際相手の連れ子(16)に対するわいせつ行為で服役中《監護者わいせつ罪で懲役2年》

#1

「主文。被告人を懲役2年に処する」

 黒の短髪にスーツを着たやや小柄の男が、下を向いて裁判長の話を聞いている。首と手にはタトゥーを覆うようにベージュ色のテーピング。一見しても、この男がHIPHOP界を騒がせたプロデューサーであるMURVSAKI(ムラサキ)とは誰も気がつかないだろう――。

「文春オンライン」の取材で、MURVSAKIこと村上恭平受刑囚(32)が2020年11月29日に監護者わいせつ罪の容疑で名古屋市内で逮捕されていたことが分かった。村上被告は、後に児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、東京都青少年の健全な育成に関する条例違反でも追起訴された。2021年3月4日から公判が始まり、同年6月10日に懲役2年の実刑判決を受けた。現在は刑務所で服役中だ。

 文春オンラインの取材に、被害者の絵里さん(仮名、被害当時16歳)は苦し気な表情を浮かべこう答えた。

「逮捕されたと聞いた時はホッとして泣きました。でも公判中もその後も周囲からの2次被害があり、今でも精神的に不安定な日々が続いています。被害を受ける前とは内面も変わってしまいました……」

村上と遊ぶ小学生時代の絵里さん

※村上受刑囚が犯した「監護者わいせつ罪」とは「18歳未満の者に対し親や保護者など監護する者が監護者であることによる影響力に乗じてわいせつな行為をする」犯罪を指します。加害者と被害者の関係性が密接なため加害者名を公表するとわいせつ行為を受けた被害者が特定される可能性が高いため、プライバシー保護の観点から一般的に加害者の実名は裁判などでも公表されません。しかし本記事では、事件の悪質性・重大性を鑑み、被害に遭った少女と保護者の同意を得たうえで、村上恭平受刑囚について実名で報道します。また、被害者は現在も未成年であることから、取材は保護者同席のもとで慎重に行いました。

ABEMATVの人気番組にも楽曲を提供

 MURVSAKIこと村上恭平とは一体どんな人物なのか。HIPHOP業界に詳しい関係者が明かす。

「『MURVSAKI』はHIPHOPのトラックメーカー兼プロデューサーです。若者世代から絶大な人気を誇るTohjiやBAD HOPらに楽曲提供をする一方、自身も人気ユニット『Mall Boyz』のクルーでした。ABEMATVで配信されている人気番組『ラップスタア誕生!』にも楽曲を提供するなど実績も抜群で、HIPHOP業界の評価は高いです。しかし、2020年11月29日に出演予定だった名古屋市内のイベントを急にキャンセルして以降、表舞台には姿を現していません。現在はSNSもすべて閉鎖され『逮捕されたらしい』という噂だけが流れている状態でした」