昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私が飛び降りたらみんな焦るんかな」人気HIPHOP作曲家わいせつ事件 被害者を苦しめる事務所への不信感

#3

 HIPHOPの人気トラックメーカー・MURVSAKIこと村上恭平受刑囚(32)が2020年11月29日に監護者わいせつ罪の容疑で名古屋市内で逮捕された事件。村上被告は、後に児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、東京都青少年の健全な育成に関する条例違反でも追起訴され、2021年3月4日から始まった公判で2021年6月10日に懲役2年の判決を受け現在は服役中だ。

小学生時代の絵里さんと村上

※村上受刑囚が犯した「監護者わいせつ罪」とは「18歳未満の者に対し親や保護者など監護する者が監護者であることによる影響力に乗じてわいせつな行為をする」犯罪を指します。加害者と被害者の関係性が密接なため加害者名を公表するとわいせつ行為を受けた被害者が特定される可能性が高いため、プライバシー保護の観点から一般的に加害者の実名は裁判などでも公表されません。しかし本記事では、事件の悪質性・重大性に鑑み、被害に遭った少女と保護者の同意を得たうえで、村上恭平受刑囚について実名で報道します。また、被害者は現在も未成年であることから、取材は保護者同席のもとで慎重に行いました。

村上の曲を聞くたびに思い出してしまう

 村上は、10年近く事実婚状態にあった女性の連れ子・絵里さん(仮名・被害当時16歳)に対して、胸を触る、股間を触らせるなどの行為におよび、監護者わいせつ罪で有罪となった。公判では高校生以降に起きた事件2件が起訴されたが、他にも小学生の頃から絵里さんにわいせつ動画を見せたり、布団に潜り込んで抱き着く、キスするなどの行為が明らかになっている。

左から3番目の黒い服の男性がMURVSAKI(Mall Boyzマネジメント会社社長のinstagramより)

 しかし、村上が逮捕されても絵里さんの苦悩は終わっていない。今も配信されている楽曲を見るたびに被害を思い出すなど、辛い状態が続いている。

 現在絵里さんは村上が「MURVSAKI」として発表した楽曲がいまでも配信され、それを目にしたり聞いたりした時に被害を思い出してしまうことが苦しいという。母親は複雑な心境をこう吐露する。