昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「相手のダメなところをなおしてあげている」 DV加害者たちが明かす“身勝手な論理”…そこに共通するものとは?

『DVはなおせる! 加害者・被害者は変われる』より #1

2021/09/12

「DVとは、力で相手を支配しようとする関係性のこと」。そう語るのは、NPO法人「女性・人権支援センター ステップ」の理事長として、不健全な価値観や考え方に気づき思考を変えていく「DV加害者更生プログラム」を実施する栗原加代美氏だ。

 ここでは同氏の著書『DVはなおせる! 加害者・被害者は変われる』(さくら舎)の一部を抜粋。DV加害者が、いかに「自分は常に正しく、相手が間違っている」という歪んだ考え方を育むのか。その実情を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

DVのきっかけは、ほんの些細なこと

 相手をののしったり、叩いたり、ものを投げつけたり……これだけのことをするのですから、加害者にもよほどの理由があるのではないかと思うところです。ところが、DVの発端となる出来事は、第三者からすると驚くほど些細なことだったりします。

《事例》「とんかつにソースが出ていない」がDVのきっかけに
 

 たとえば、夕食がとんかつのときに食卓にソースが出ていないとします。妻には、「とんかつのときにはあらかじめソースを出してほしい」と頼んでいたのに、出ていない。そういうことが何回かつづいて、それでキレてしまったんです。

 いま思えばくだらないことですが、「とんかつにはソース」「カレーには福神漬けとらっきょう」、こういう約束ごとが守られていないことで、「俺のいうことを聞いていない」「俺のことをバカにしている」「俺のことを愛していないんだ」という負の三段論法のような考えにおちいり、「悪いのは何度いっても約束を守らない彼女のほう、俺は正しい」となってしまったのです。

「カレーに福神漬けがついていなかった」

「とんかつにソースがかかっていなかった」

「魚を食べたかったのに肉が出た」

「リモコンを決めた位置に戻していなかった」

「帰宅したときにお帰りなさいをいわなかった」

「妻が朝ごはんをつくらなかった」

 これらは実際によくある事例です。

 はたから見れば「そんなことぐらいで」という出来事ばかりですが、じつは、これらの事例の背景には共通する加害者感情があります。

「自分の望んでいること(欲求)に、相手が応えてくれない(満たしてくれない)」という気持ちです。