文春オンライン

2021/09/15

きっと佐藤選手は渡邉選手を待っているんじゃないか

 ポジションには「奪う」「奪われる」という表現をよく使う。そう考えれば、今のセカンドは、少し時間を置く必要のある渡邉選手から佐藤選手は奪ったのではなくバトンのようなものをポンと渡されたようなイメージを私は持っている。渡邉選手の抹消と佐藤選手の一軍合流の時期はほぼ重なっていたから。だからきっと佐藤選手は日々セカンドを守りながら渡邉選手を待っているんじゃないかと思うのだ。先輩、こんなんで渡されてもつまんないですよ、と。

 そしてきっと、渡邉選手もそれは充分にわかっているはずだと思う。そのバトン、言っとくけど今だけだからね、と。渡邉選手はコツコツとファームで原点回帰を、佐藤選手は新天地で必死にアピールを。しっかりと正々堂々と「ポジション争い」をするために、それぞれが今の自分を高めている。

 ドラマの開始時期はもうすぐそこまで迫っている。そこにはなんとタイトルを付けようか。

 主演は2人、もしかすると他にもキャストが増えるかもしれない。チームが変わろうとしている、ファンの胸にも刻むべきものがある。この先もファイターズファンであるならば、それは絶対に見逃してはならない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/48397 でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー