昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/06

source : 文藝春秋 2016年10月号

genre : ニュース, 社会

1歳末の頃から、虫に興味を持ち始めた悠仁さま

 平成20年11月の記者会見で紀子さまは、「夏ごろからでしょうか、庭にいる小さな虫、バッタやカマキリなどを見つけて上手に捕まえて、手で持ったり、また袖に乗せたりしてよく観察しておりました」と、昆虫に興味を持ちだした頃の悠仁さまを紹介している。

「夏ごろ」と言うから、平成20年夏で、おそらく悠仁さまは、1歳末の頃から、虫に興味を持ち始めたらしい。平成21年秋には、秋篠宮さまが「結構虫に興味が出てきまして、庭でカブトムシを見つけたり、カマキリを見つけたりして、それを毎日何回か眺めるというか、一緒に遊ぶことを楽しみにしているようでした」と、興味が高じてきた様子を語っている。

2人の姉・眞子さま、佳子さまと 宮内庁提供

 以来、「昆虫博士」「昆虫ハンター」としての悠仁さまの歩みは、今も続いている。先日、宮さまに聞くと「昆虫への興味は、今でも相当ありますよ。採集するため、あちこちに出掛けています」と、即答した。「あちこち」というのは皇居・御所や赤坂御用地だけでなく、他の場所へも足を運んでいるらしい。

 今夏も、夏休みを利用して悠仁さまは両親たちと、山形県遊佐町や新潟県津南(つなん)町に出かけ、宿泊した。津南町の「農と縄文の体験実習館 なじょもん」を訪れた悠仁さまは、修復された本物の縄文式土器に触れ、その大きさや縄目の模様などを興味深く観察していた。ジオパークの企画展では、動物の角や歯にも触れ、生き物の種類によって様々な違いがあることに気づいたようである。屋外では、火おこし体験や復元された竪穴式住居の中で、土器作りを体験した。土器作りは、長い時間をかけ、集中して熱心に取り組んだと聞いている。

2020年、秋篠宮さまのお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

黒田清子さんは宮さまとの昆虫採集が「とても怖かった」

 この滞在中も、苗場山麓の豊かな自然に触れ、昆虫採集も楽しんだらしい。

「どうして、悠仁さまは虫がお好きなのでしょうか?」。私が、こう聞いたところ宮さまからは「何故、好きなのか理由は分りません。子供は昆虫が好きでしょう」との答えが返ってきた。

 実は、宮さまも小さい頃、昆虫が大好きだった。天皇一家は、皇太子時代に、赤坂御用地にある東宮御所に住んでいた。御用地の林に、陛下が考案された手製の虫捕り装置を置いていた。それは誘蛾灯に集まってきた虫が、その下にあるじょうご状の管を通って虫カゴの中に集まる仕組みだった。

 夏の日の朝、宮さまは妹の黒田清子さん(47)を連れて、採集した昆虫を見に行くのが楽しみだったそうだ。二人は、一緒に御用地で虫捕りに出掛けた。しかし、昆虫を捕り損なった清子さんをしばしば宮さまが叱るので、清子さんは宮さまとの昆虫採集は、「とても怖かった」と、後々まで話していたという。

後編に続く)

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(107枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z