昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

──若い頃の彼は、やんちゃでしたか?

重冨 スティングよりもアンディ(・サマーズ)とスチュワート(・コープランド)の方が大変でしたね。実際、スチュワートはスティングを殴っているんですよ、どこかのステージで。日本に2度目に来た時なんて、スティングは個人的にボディガードを雇って来ていましたから。スチュワート対策でね。

野球がうまいヒューイ・ルイス

──70~80年代に活躍して、00年代以降にまた活動を活発化させているミュージシャンやバンドも少なくないですね。

重冨 ヒューイ・ルイスやホール&オーツも、そうですね。ヒューイとはとても仲がいいんですよ。来日中に、ウドーとヒューイ一行とで野球の試合をしたこともあります。また、うまいんですよ、あいつ。

85年の来日時に開催された野球大会。渾身の力で投げるピッチャー、ヒューイ・ルイス。 ©Koh Hasebe / Shinko Music Archives

 うちのファウンダー(有働誠次郎)は野球が大好きなんですけど、そこは相手に花を持たせなきゃいけないですからね、「お前は三振しろ」だのなんだのうるさい( 笑)。「彼らはそんなこと望んでいませんよ」って言うんだけど、ダメで。でも、僕、ヒューイのカーブを打っちゃいましたけどね(笑)。「三振しろ」って言われると余計に燃えるというか。昔は、リッチー(・ブラックモア)がいた頃のディープ・パープルなんかとも、サッカーやったりしていましたよ。

──ボン・ジョヴィは86年からウドーさんですね。大ブレイクする前の来日でした。

重冨 『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ/Slippery When Wet』が出る直前だったんだよね。武道館やって、青森や神戸を回ったけど、どこも( 観客の入りが)半分くらいで。でも、日本からツアーをスタートして世界を回っているうちに大ブレイクして、ツアーの最後にもう1回来てもらったら、武道館5回、即完ですよ。