昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

幼稚園生の娘に「お父さんと、お母さんの彼氏どっちが好き?」「不幸な家族だ」と…妻の彼氏と同居した家族の現在

わかぴょん・みか夫婦インタビュー#2

 現在結婚13年目のわかぴょん・みかさん夫婦は、お互いに婚外恋愛を認め合って生活している。そんなお2人にこれまでの結婚生活について詳しく話を聞いた。(全2回の1回目/前編を読む)

◆◆◆

隠している人と同じくくりはなんか違う

——メディアの取材を一時期受けなくなったとおっしゃっていましたが。

わかぴょん そうですね。妻は結婚してから彼氏ができたことをブログで公開していたので、テレビから声がかかることが何度かありました。ポリアモリー企画や不倫している妻大集合みたいな枠組みでみかが出演していたんです。

みか 愛人がいる妻ということで出演したんですけど、私以外は皆さん秘密の交際で。私は夫にも話しているので、ちょっと秘密の愛人とは、くくり? ジャンル? が違うのかなぁとは思っていました。

©末永裕樹/文藝春秋

わかぴょん それから同じ番組からまた依頼が来て、「今度は旦那と彼氏も一緒にスタジオに来てくれませんか?」と。その時は3人でインタビューを受けました。その後、今度はおうちにお邪魔したいと言われて、シリーズで3回くらい放送されました。大家族がよく密着される番組あるじゃないですか。そんな感じです。

「お父さんと彼氏どっちが好き?」

みか ちょうどそのとき、ベストな家族の形を模索していた時期でしたので、私の彼氏のほかに、子どもが3人いるシングルマザーの方も一緒に同居していたんですね。そのシングルの方の娘さんと、うちの次女が同じ幼稚園に入園することになり、わかぴょん、みか、彼氏、娘2人、シングルのかた、その娘3人、合計9人で、入園式に参加したんですよ。

 その様子を取材させてくれといって、密着されました。その中で子どもにわざと「お父さんと彼氏どっちが好き?」と聞いて、答えに困っているところだけ切り取って放送したり…。あと結婚制度に怒っている人として出てくださいとか言われたんですけど「いや、全然怒ってないんですけど」みたいな。

わかぴょん 私も「妻に振り回されまくりで、彼氏の同居も認めて家のお金も全部なくしている旦那」として出てくれと言われて、それは嫌やなって。

——それは断ったんですか?

わかぴょん 断りましたね。結局どの番組も、僕たち家族が不幸だという結論に持っていきたいという感じでした。ちょっと悪意あるなと感じることが増えてしまって。自分たちの本当の姿は全然違うんですけど、番組側で面白おかしくされてしまうことに疲れてしまいました。

みか 奇抜なことを言う嫁、みたいなね。