昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

現在3人目の彼氏が

——現在はお互いに別のパートナーがいらっしゃるのでしょうか?

みか 私には彼氏がいます。3人目ですね。2人目の彼氏とは家族みんなで一緒に住んでいました。今の彼氏は歩いて15分くらいのところに引っ越してきたんで、2つの家を行き来してます。子どもも含めて。

わかぴょん 私も彼の家に遊びに行ったりとかして。

みか みんなでご飯食べたり。

わかぴょん 子どもからすると、家が1つ増えたという感覚なのかもしれない。

——子どもたちへの説明はどのようにしているんですか?

みか ありのまま言っていますね。

わかぴょん 「お母さんが好きな人だよ」って説明してるかな。

みか 子どもたちもその人との関係をそれぞれ築いているという感じです。その人の役割とかではなく。この間、わかぴょんだけ留守番で、彼と私と子ども2人でファミレスに行って、贅沢にパフェとかお肉とかいっぱい食べて、わかぴょんに写真撮って自慢しました(笑)。

©末永裕樹/文藝春秋

好きな人と毎日チャットのやり取り

——ちなみにそういう時のお金はどうしているんでしょうか?

わかぴょん 基本的には彼が出してくれています。「子どもたちの分は俺が払おうか」と言うんですけど、「いいよ、いいよ。出しておく」というふうに言ってくれて。とてもいい関係でいますね。

——わかぴょんさんにはお相手はいらっしゃるのでしょうか?

わかぴょん 付き合ってはないんですけど、好きな人はいます。相手も僕たちのYouTubeを見ていてくれて状況は知っている人です。毎日チャットとかやり取りはしていますね。

みか 高校生みたいですよ(笑)。「これって俺のこと好きってことかな?」とかニヤニヤしながら聞いてきたり(笑)。

わかぴょん うん、まあ、そう(笑)。

みか 恋っていいなと思います。パワーがすごい。元気になるし。

z