昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アイドルのため売春したか ”普通”の女性教師が逮捕された”有名”立ちんぼスポット

source : 提携メディア

genre : ニュース

アイドルのため売春したか ”普通”の女性教師が逮捕された”有名”立ちんぼスポット

 

女性教師が売春 歌舞伎町の「立ちんぼスポット」で

女性教師が売春の『現場』にしていたのは新宿・歌舞伎町。『立ちんぼスポット』として知られる大久保公園周辺の路上だった。公園周辺にはラブホテルが立ち並び、昔から売春目的の“客待ち”は多い。当然、警視庁の“摘発の目”も光るエリアだ。

女性教師は、2020年11月5日夕方、売春目的で、男性客に声をかけたところを現行犯逮捕された。客だと思い込んだ男性が、実は、警視庁の“私服警察官”だったという訳だ。逮捕容疑は売春防止法の『客待ち・誘引』だった。

歌舞伎町・大久保公園周辺は”立ちんぼスポット”として知られる

当然、逮捕されれば、関係各所に報告があがる。都教委が懲戒処分などを検討していたところ、最初の逮捕からおよそ3ヶ月半後の2021年2月24日、女性教師は再び摘発される。同じ歌舞伎町で、同じ“売春”の現行犯逮捕だった。女性教師は、2回逮捕されたが、いずれも起訴猶予。しかし9月13日付けで懲戒免職となった。

都教委の記者会見では、売春の“動機”や“回数”について、記者の質問が集中した。2020年2月ごろから売春に手を染め、その月だけで、数回、客と性行為をして現金を受け取っていたとのこと。その後3月から6月にかけては歌舞伎町には通っていなかった。しかし夏になると売春を再開。7月から11月にかけては、1週間に2~3回も“体を売っていた”という。

都教委の記者会見では、女性教師の”売春実態についての質問が相次いだ。

売春の動機は『借金』。その時々で借金額は変わるものの、最大300万円の借金を抱えていた。都教委に対して女性教師は「学生時代から趣味で、お金を使い、消費者金融に借金があった。借金返済のため売春をしていた』と説明していたとのこと。

女性教師は「大変なことをしてしまった。教師を続けられるとは思っていない」などと話している。

安定した職業として知られる学校の先生が、給料では“賄えない”趣味とは何なのか?記者は、勝手に『ホスト狂いか』と見当をつけたが、見事にハズれた。

関係者によると『アイドル、しかも地下アイドルにハマっていたらしい』とのこと。職場では特に悪い噂もなく 勤務態度は“普通”だったされる女性教師。体を売ってまでハマった地下アイドルとは何なのか・・・。
(画像はいずれもイメージ)

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー