昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 2人は飲食店街に入るとキョロキョロと店を探しながら歩き、庶民的なイタリアンバルに入った。通りからよく見えるテラス席に座り、マスクを外した顔を近づけて楽しそうに会話をする。1時間ほどで食事を終えると男性が支払いを済ませ、再び手をつないで歩き出し、新宿駅から電車に乗り込んだ。

 電車内でも握った手を片時も離すことなく、時には抱き合う姿も。しばらくして一緒に電車を降りると、再び手をつないで歩きだす。信号待ちで止まった時にも星野が抱き着く場面が見られた。数分ほど歩いて住宅街の高級マンションの前につくと男性が顔認証のオートロックを開け、一緒にエントランスへ吸い込まれていった。

通行人からよく見えるテラスでマスクを外して2人で食事 ©文藝春秋 撮影・松澤和也

 この男性は一体何者なのか。男性の知人が匿名を条件に説明する。

「彼は高級フルーツのネット販売を行う会社の代表取締役の息子です。年齢は星野さんより4つ上で、学生時代をオーストラリアで過ごした帰国子女で、英語も堪能です。乃木坂メンバーと交際しているとは公言していませんが、彼女がいることは周囲にも話しています。最近も『彼女との倦怠期を乗り越えた』と惚気ていましたね」

阿佐ヶ谷を手つなぎデート

 2人が男性のマンションに入ってから14時間後の8日午前11時頃、2人は再び一緒にマンションから姿を現した。星野は前日と同じ服装だが、男性は水色のストライプシャツに着替え、グレーのキャップをかぶっている。マンションを出た2人が向かったのは、杉並区の阿佐ヶ谷だった。

星野は右手を男性とつないだうえで左手も添えている ©文藝春秋 撮影・細田忠

 9月8日と9日は乃木坂46の東京ドームライブが予定されていたが、コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっていた。

 電車を乗り継いで阿佐ヶ谷駅に降りるとまずパスタ店で昼食をとる。その後、不動産屋の前で住宅情報を見て会話したりしながら商店街を歩き、今度は有名なジェラート屋へ。ここでもテラス席に座ると、自撮りをしながら笑顔で会話を交わしていた。移動中も、2人の手はずっとつながれていた。