昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/14

家の中をよい香りにしよう

●よい香りの部屋に

 家の中をよい香りにするためには、いったんイヤなにおいをゼロにする必要があります。なんとなく家がにおうと感じるのは、空気の滞留が原因。こもった空気を外に出し、滞留をかき回すためにも換気は必須! そのうえで自分の好きな香りをつけてみましょう。消毒用エタノールとアロマエッセンシャルオイルで簡単にアロマスプレーができるので、部屋ごとに香りを分けるのもおすすめです。

●空気の通り道をつくって正しく換気

 朝起きたら15~30分は部屋に風を通しましょう。その際、窓は2か所以上開けて、風の通り道をつくります。窓がひとつしかない部屋では、窓とドアを開ければOK。

©iStock.com

空気を循環させ、こもった空気やイヤなにおいを外に

●窓が開けられない部屋では扇風機を利用

 何らかの事情で窓が開けられない部屋では、扇風機を使って空気の滞留をストップ! ドアを開け、部屋の対角線上の2か所に扇風機を置くと、効率的に換気をすることができます。空気を循環させ、こもった空気やイヤなにおいを外に出しましょう。

●手づくりアロマスプレーで香りをつける

 市販の消毒用エタノール(エタノールの原液を使う場合は、9:1で水で希釈します)200mlにアロマオイル20滴を混ぜたエタノールアロマは、部屋の消臭だけでなく、布団や枕、洗いにくい洋服などにも使え、除菌効果も。添加物が入っていないので、子どものものにも安心です。揮発性があるので、つくり置きはNG。