昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/10/14

●重曹を常備

 重曹は人体に無害な天然物質で、食品グレードのものは料理にも活用でき、子どもやペットまわりにも安心して使うことができます。弱アルカリ性だから、油汚れや皮脂汚れに効果的で、キッチンやお風呂の掃除に大活躍! まさに魔法の粉のような存在です。粉のまま使っても、重曹水や重曹ペーストにしてもOK。日常生活で役立つ活用法をご紹介します。

《重曹を掃除に使うテク》粉のまま おすすめの使い方

●洗えないぬいぐるみの掃除

 ビニール袋にぬいぐるみを入れ、30gくらいの粉末重曹を入れます。袋をしばって上下に振ったら2~3時間放置し、袋から出して重曹をはらい落としましょう。重曹効果で汚れが中和され、悪臭のもとが分解されます。

●生ゴミに直接ふりかけて

 キッチンの悪臭やコバエの発生の原因にもなる生ゴミ。上から重曹をふりかけておくだけでイヤなにおいをシャットアウト! 除湿効果もあるので、水分も吸収してくれます。なお、夏場などは新聞紙に生ゴミを包んでおくとベター。

《重曹を掃除に使うテク》キッチンで活躍!重曹水

●スプレーボトルに入れて

 キッチンのレンジフードや電子レンジの中など、油汚れが気になるところは、重曹と水を1 :9の割合で混ぜた重曹水をスプレーしたぞうきんで拭いたあと、水拭きを。重曹が沈殿しているときは、使用前によく振りましょう。

●頑固な油には重曹ペースト

 重曹と水を6:4の割合で混ぜた重曹ペーストに食器用洗剤を混ぜ合わせると、さらにパワーアップ。コンロまわりの焦げつきや、電子レンジ内のこびりつき汚れなど、頑固な油汚れが気持ちいいくらいスルッと落ちます!

【続きを読む】“大掃除”の時期に慌てないために! やっておくと“後が楽になる”「月別家事カレンダー」を徹底解説《秋~冬の掃除術》

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー