昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「まねできない」「こいつはすごいやつだ」大島康徳が明かした落合博満の異常ともいえる“野球への向き合い方”

『振りきった、生ききった「一発長打の大島くん」の負くっか人生』より #1

2021/10/16

 結局、87年は納得できるシーズンではありませんでした。そして、オフのある日のこと。星野さんから電話がかかってきました。「ヤス、ちょっと来てくれないか」。トレードの通告でした。

日本ハムへ

 星野仙一監督の自宅を訪ねると、「ヤス、日本ハムにトレードだ。受けるか受けないか、今、決めてくれ」と告げられました。

 あの人らしいですよね。こういう話を持ってくるのはおまえのためだとか、そういう言い訳めいた説明は一切なし。単刀直入にずばっと言われました。

「どうして、今なんですか」と尋ねると、「俺、明日、アメリカに行くから」。ずっこけそうになりましたね。

 そうはいっても、こちらにはこちらの都合があります。「時間をください」と星野さんの家を後にしました。

 正直にいえば、迷っていました。僕はチームが自分を必要としないのなら、辞めようと思っていました。

 しかし、その頃、妻・奈保美さんのお腹に子どもがいました。「もう自分の都合だけで、進退を決めるわけにはいかないよな」と思い直しました。

妻が寂しい思いをしないように

 ふと、浮かんだ光景がありました。妻の実家に結婚のあいさつに行くため、電車に乗っていたときのことです。車窓から建設中の東京ドームが見えました。「俺、もうすぐここで野球やるんだな」とぼんやり考えていました。

 それを思い出し、こう思ったのです。妻は1年間、友達も親戚もいない名古屋で心細い思いをした。だったら、今度は僕が日本ハムに行き、妻の実家のある東京でプレーしたらいいんじゃないか。そうすれば、妻は寂しくなくなるよな。

日本ハムファイターズのユニフォームを着た大島康徳氏 ©文藝春秋

 そうして2日後、僕は星野さんに「受けます」と返事をしました。

 これで一件落着のはずでしたが、妻に連絡を入れると、妻はカンカンでした。

 新聞にトレード話が載っているのを見て、びっくりして、僕に連絡しようとしたけれど、連絡がつかない。当時は携帯電話もないですから。「こんなに騒ぎになってるのに、何で連絡をくれないの!」と怒られてしまいました。またしても平謝りの大島くんでした。

【続きを読む】“一発長打”で愛された大島康徳が死の直前に後輩へ宛てた知られざるメッセージ「少し厳しいことを言いますね…」

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー