昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【10月20日19時・無料開催】緊急開催『嫌われた監督』オンライン座談会~落合野球とは何だったのか~【先着500名】

若狭敬一(CBC)、ダイノジ大谷、西園寺瞳(氣志團)、大山くまおが『嫌われた監督』著者と徹底的に“落合ドラゴンズ”を語り合う!

 中日ドラゴンズ監督・落合博満の実像を描いたノンフィクション『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』(鈴木忠平)が話題になっています。9月24日の発売から1カ月足らずで5刷・5万部を突破。ドラゴンズファン、野球ファンの枠を超えて大きな反響を呼んでいます。

「週刊文春」での連載中から大反響だった

 そこで今回、本作を「週刊文春」での連載中から愛読していたという各界のドラゴンズファンが集結します。CBCアナの若狭敬一さん、お笑い芸人「ダイノジ」の大谷ノブ彦さん、「氣志團」の西園寺瞳さん、ライターの大山くまおさん。4人は、プロ野球を愛する執筆者による野球コラムのペナントレース「文春野球コラム ペナントレース」で中日ドラゴンズに所属しています。

 なぜ落合博満は“嫌われた監督”であり続けたのか。落合野球とは何だったのか――。ドラゴンズを愛するこの4人が、著者の鈴木忠平さんと徹底的に語り合うオンライン座談会を先着500名限定で無料開催します! 『嫌われた監督』を読んだ方も、これから読む方も。ぜひお集まりいただき、熱いトークをお聞きください。

★イベント申し込みURL(※事前登録が必要です)

https://zoom.us/webinar/register/WN_A6EiNwKiTVah8F1FKUq9hA

★イベント概要

イベント名:【10月20日19時・オンライン無料開催】緊急開催『嫌われた監督』座談会~落合野球とは何だったのか~【先着500名】

日時:2021年10月20日(水)19時〜20時30分(予定)

料金:無料 ※イベントアーカイブ動画は「週刊文春電子版」に後日アップします。こちらは有料会員限定となりますのでご了承ください

形式:オンライン開催(Zoomウェビナーを使用します)

申し込み方法: https://zoom.us/webinar/register/WN_A6EiNwKiTVah8F1FKUq9hA ←こちらからお申し込みください

出演者:若狭敬一(CBCアナウンサー)、大谷ノブ彦(ダイノジ)、西園寺瞳(氣志團)、大山くまお(ライター)、鈴木忠平(『嫌われた監督』著者)

★出演者プロフィール

若狭敬一 わかさ・けいいち
アナウンサー。1975年生まれ。岡山県倉敷市出身。1998年、CBC(中部日本放送)に入社。主な担当番組は、CBCテレビ「サンデードラゴンズ」、CBCラジオ「若狭敬一のスポ音」など。TBS「THE TIME,」のレポートぶりも話題に。ドラゴンズ情報番組のキャスターを15年にわたって担当。毎年秋と春にはドラゴンズのドラフト成功とリーグ優勝を祈願し、滝行を敢行している。「文春野球」にドラゴンズに関する記事を執筆中。

 

大谷ノブ彦 おおたに・のぶひこ
お笑い芸人。1972年生まれ。大分県佐伯市出身。1994年に「ダイノジ」結成。NHK「爆笑オンエアバトル」などに出演。朝日放送「M-1グランプリ 2002」では決勝に進出。DJダイノジとしてDJ活動も精力的に行っている。落合博満監督が着任した2004年からドラゴンズのファンに。CBCラジオ「ドラ魂KING」のパーソナリティを担当するほか、ドラゴンズ関連のトークライブを主催している。

 

西園寺瞳 さいおんじ・ひとみ
ギタリスト。東京都多摩市出身。1998年、氣志團に加入。2001年にメイジャーデビュー。2003年より木更津にて大規模なGIGイベント「氣志團万博」を開催。2004年には東京ドームGIGを敢行、NHK「紅白歌合戦」にも2年連続で出場するなど全国的な知名度を得る。近藤貞雄監督の「野武士野球」に魅せられ、幼少期からドラゴンズ一筋の熱狂的ファン。2011年のドラゴンズ優勝の瞬間は、横浜スタジアムで見届けた。

 

大山くまお おおやま・くまお
ライター・コラムニスト。1972年生まれ。愛知県名古屋市出身。出版社勤務を経てフリーに。著書に『中日ドラゴンズあるある』シリーズ(TOブックス)など、共著に『ドラアドリル』シリーズ(東京にユース通信社)など。新刊『名言のクスリ箱 心が折れそうなときに力をくれる言葉200』(SBクリエイティブ)発売中。物心ついてからのドラゴンズファン。「文春野球」では中日ドラゴンズの監督を4年にわたって務める。

 

鈴木忠平 すずき・ただひら
ライター。1977年生まれ、千葉県出身。日刊スポーツ新聞社でプロ野球担当記者を16年間経験し2016年に独立。2019年までNumber編集部に所属。現在はフリーで活動している。9月24日発売の新刊『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』は落合監督時代の8年間の中日を描き切ったノンフィクション作品。他の著書に『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』、取材・構成を担当した本に、覚醒剤取締法違反で執行猶予中の清原和博の独白集『清原和博 告白』『薬物依存症』がある。

(左から)若狭さん、大谷さん、西園寺さん、大山さん、鈴木さん


★『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』とは

 中日ドラゴンズで監督を務めた8年間、ペナントレースですべてAクラスに入り、日本シリーズには5度進出、2007年には日本一にも輝いた。それでもなぜ、落合博満は〝嫌われた監督〟であり続けたのか。あの言葉と沈黙、非情な采配。そこに込められた深謀遠慮に影響を受け、真のプロフェッショナルへと変貌を遂げていった男たちの証言から、稀代の名将の実像に迫るノンフィクション。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー