昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高津臣吾監督の“言葉の力”に導かれて…向坂樹興アナが語るヤクルトの“異例のシーズン”

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/11/14

 神宮のベンチに選手用のゲーミングチェアが設置された折、実は放送席にも全く同じチェアが用意された。向坂樹興アナウンサーはその座り心地を「抜群です。素晴らしい椅子ですね」と絶賛する。

放送席のゲーミングチェア ©向坂樹興

 今季のSWALLOWS BASEBALL L!VEで実況を担当した成績は5勝2敗2分。勝率.714(CSスポーツライブ+副音声を含む)。「去年からは考えられない数字です」と笑うが、言葉を生業にしているからこそ、今季高津臣吾監督が大事にした「言葉」は、向坂アナの心にも強く響いていた。

 オリンピックイヤー。前年最下位から6年ぶりのセ・リーグ制覇。

 スワローズとともに駆け抜けた異例のシーズンを振り返り、実況席から見た2021年のスワローズを語ってくれた。

最初の実況は「野村克也追悼試合」

「今季最初に実況した試合は開幕3戦目の阪神戦で、野村克也さんの追悼試合でした。先発は2年目の奥川恭伸。両チーム全員が「73」を着けてのメモリアルゲームでしたが、2-8と敗れ、開幕からの3連敗。正直不安でした」という向坂アナだが、隣に座る解説陣も軒並み最下位か5位を予想していた。その後の快進撃など誰も予想していなかったのだから無理もない。しかしホセ・オスナ、ドミンゴ・サンタナという新外国人が合流すると、チームは浮上を始めた。

「6月の交流戦、PayPayドームのソフトバンク戦では画期的な試みに参加しました。スカパー!プロ野球セットの特別企画で、ソフトバンク主催試合の中継で副音声を担当しました」

 6月11日と12日の両日に渡って、Twitterでもハッシュタグを付けたツイートを募集。スワローズファン視聴者からの声をリアルタイムで実況に織り交ぜた。

 どんなにスワローズ贔屓でも構わないとの前提で行われた2日間の副音声。試合も0-1、2-4でヤクルトが連勝。最後にはスワローズOBで解説者の笘篠賢治さんと二人で声を合わせて「すわほー!!」を叫ぶほど。ファンからも「またやって欲しい」と声が上がる企画だった。

「テレビをご覧の皆さんは、『大の車好きは』『過去にロジンバッグをたくさんつけていた選手は』など私が気付かないような視点で解説者の話を聞きたいのだと勉強になりましたし、笘篠さんの時代の話を聞くことも出来て、『本当に楽しかったね、またやりたいね』とお互い同じ感想でしたね」

勝手の違うホームゲーム

 今年はオリンピックイヤーでもあり、神宮球場が使えない間には地方球場を転戦し、東京ドームを借りてのホームゲームも開催された。向坂アナも草薙球場と東京ドームの実況を担当した。ファンにとっては新鮮だったが、実況にはいつもと違う苦労もあった。

「神宮ならブルペンやネクストバッターズサークルが実況席から見えるので、継投のプランニングがある程度分かるし、どの打順で誰が用意しているか即座に分かるのですが、例えば東京ドームだと、実況席からネクストの打者がヘルメットしか見えないんですよ。ですから一生懸命立ち上がって覗き込んでみたりしました。それに草薙球場も東京ドームもブルペンは見えませんから、読みにくいというところはありましたね」