昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「愛子さまは人の心を読まれるところが」天皇ご一家は“家族全員で見送りたい”と…《全て“眞子さま主導”表明会見》

2021/10/27

source : 文藝春秋

genre : ニュース, 社会

 10月26日、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さん(30)と小室圭さん(30)の結婚記者会見が東京都内のホテルで行われた。眞子さんは淡いペールブルーのワンピースに身を包み、小室さんは濃紺のネクタイのトラッドな柄に水色を取り入れていた。お二人は夫婦として初めて会見に臨んだ。

10月26日に婚姻届を提出し皇室を離れた眞子さんと、小室圭さん。眞子さんは「私たちにとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と語った ©JMPA

 だが、事前に宮内記者会と日本雑誌協会、在日外国報道協会から提出された質問の中に、「誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問が含まれていました。このことに衝撃を受けるとともに、このような質問に会場で口頭でお答えすることを想像すると、恐怖心が再燃し心の傷が更に広がりそうで、口頭で質問にお答えすることは不可能であると思いました」として、眞子さんと小室圭さんは手元にペーパーを置いて、それを読み上げる形に変更され、質疑応答は行われなかった。お二人による会見は約11分で終了し、質問に対しては文書で回答が寄せられた。

 前日の10月25日、上皇ご夫妻のもとを訪れたときの眞子さんは、帽子に花のようなコサージュをつけ、暖色のオレンジのお召し物をまとい、翌日の結婚を控えてどこか安堵したような柔らかな表情を浮かべていただけに、このような変更が行われたことに驚いた。よほど眞子さんにとっては衝撃が大きかったのだろう。スーツの色は、美智子さまのお名前を冠したバラ、“プリンセス・ミチコ”を思わせるようでもあった。

10月25日、結婚を翌日に控え、上皇ご夫妻にお別れのあいさつをするため、仙洞仮御所を訪問された眞子さま(当時) ©時事通信社

 眞子さんは複雑性PTSD(複雑性心的外傷後ストレス障害)との診断を公表したことについて、「結婚との関係で公表することを決めました。現在の体調は決して良くありませんが、周りの方々の助けにより何とか今日まで過ごしてこられました。圭さんも、私の体調を心配し、支えてくれています」と文書で回答した。