文春オンライン

「当時の私は、いてもいなくてもいい存在だった」自信のなかったあやまん監督(42)が、下ネタでブレイクするまで

あやまんJAPANインタビュー #2

2021/10/30

――たしかに下ネタをバンバン言う女性って珍しいかもしれないですね。

あやまん だからそれで飲み会を盛り上げられるようになって、味をしめてしまったんでしょうね(笑)。「君かわいいね」とは言われないけど、「君おもしろいね。また飲もうよ」となる。それで自分の承認欲求が満たされていった気がします。

「あの時のあやまんは神がかってた」ある俳優との“試合”では…

――その後、100人くらいの女の子を束ねるようになり、あやまん監督は六本木ではかなりの有名人だったそうですね。

ADVERTISEMENT

あやまん イベントコンパニオンのバイトをしながら、そこで出会ったノリのいい女の子に声をかけまくり、夜な夜な「試合」という名の飲み会をしていました。そこであやまんJAPANが自然発生的にできあがっていったんです。

 

『とんねるずのみなさんのおかげでした』でデビューすることになったのも、おぎやはぎの矢作(兼)さんと試合でお会いしたからでした。

――芸能界だけでなく、スポーツ界の一流選手などとも試合をしたそうですね。まさに目指していた「華やかな世界」の頂点を見たのではないですか。

あやまん たしかに20代でいろんなジャンルの有名人と試合ができたので、芸能界デビュー前にやり尽くしてしまった感じはありますね。そもそも始めは男ウケを狙っていたはずなのに、気づいたら「ぽいぽい」やってて、今はもう全然違う場所に来てしまいました。

――好きな有名人相手の試合ではパフォーマンスにも一層、熱が入るものですか。

あやまん ある有名俳優さんと試合できるってなった時、メンバーも私がその人の大ファンだと知っていたので、「あやまん行っちゃいなよ!」みたいな感じだったんですね。

 で、その日の試合はいつも以上に張り切ってきわどいパフォーマンスでめちゃくちゃに盛り上げたんですけど……たぶんそれは頑張る方向を間違えてるんですよね。

――「男ウケ」という意味では不正解だということですか。

あやまん さくらだにも「あの時のあやまんは神がかってた」と言われますけど……絶対間違ってますよね。相手の記憶に残りたいと思うとつい、ハチャメチャしてしまうんです。男ウケの頑張り方を間違えたまま10年経ちました。

 

六本木で流行っていた替え歌を、hydeの前で披露

――キレキレだった時代のパフォーマンスで記憶に残っているものはありますか。

あやまん L'Arc-en-Cielの『HONEY』って曲がありますよね。かつて六本木界隈ではそのサビの部分を「乾いた~おま〇こ~」と歌うのが流行ってたんです。

 で、実際にhydeさんの前で替え歌を披露したことがありました。hydeさん、ドン引きでした。まだテレビに出る前で無敵だったんです。hydeさん、ファンの方々、本当にごめんなさい。

 あとアニメ『クリィミーマミ』の主題歌『デリケートに好きして』の替え歌で、『デリケートにク〇ニして』というものもあります。小規模な会でしか披露しない曲ですが、必ず盛り上がりました。

関連記事