昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《京王線刺傷》ジョーカースーツの男が狂った“恋人との破局”と“盗撮事件”「仕事や友人関係がうまくいかず死にたかった」

genre : ニュース, 社会

「人をやっつけるジョーカーに憧れていた。犯行のための勝負服だ」

 警察の取り調べに対し、こう供述しているのは、自称住居不定、無職の服部恭太容疑者(24)。10月31日午後8時ごろ、東京都調布市の京王線布田―国領駅間を走行中の新宿行きの上り特急電車(10両編成)で座っていた70代の男性の右胸を刺し、ライターオイルをまいて車内に火をつけた。

ツイッターに投稿された服部容疑者(ツイッターより)

 車内は「キャー!」「落ち着いて!」などの悲鳴や怒号が飛び交う混乱状態に陥り、刺された男性のほか、中学3年生~70代の乗客の男女16人が、火災によるのどの痛みなどを訴え病院に搬送されたという。

ジョーカースーツはコスプレか私服か

 駆け付けた警察が服部容疑者を殺人未遂の現行犯で逮捕。SNSに投稿された服部容疑者の事件当時の服装が、緑色のワイシャツにネクタイ、紫のスーツ姿だったことから、SNSなどではアメリカのDCコミックス「バットマン」シリーズのジョーカーの服装に似ているという指摘があがっていた。

「犯行日がハロウィンだったこともあり、捜査員もコスプレかと疑ったようですが、服部容疑者は『私服だ』と否定。しかし一夜明けると、ジョーカーへの憧れを口にした。“ジョーカーをイメージした私服”ということのようです」(大手紙社会部記者)

乗客が逃げ惑う車内 提供:木村俊介さん(@siz33)

 “電車内での殺人”は、2019年に公開されたジョーカーが主役の映画「ジョーカー」を想起させるところもある。元々は心優しいジョーカーが不条理な世の中への不満をため込み、地下鉄で男たちに襲われた際に、持っていた銃で男たちを銃殺。そしてこの事件が悪の道へと突き進んでいくきっかけとなるのだ。

 服部容疑者は元々破壊願望があったのか、それともかつては心優しい人物だったのか。事件前の服部容疑者を知る人物らに取材をすると、意外な素顔が浮かび上がってきた――。