昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キャラは相当濃いが「これほどブルーな大統領選はない」…韓国大統領候補に若者が盛り上がらないワケ

2021/11/12

 11月5日、来年(3月9日)行われる韓国大統領選挙の顔ぶれが出揃った。

 候補者は5人。この中で、事実上、与党「共に民主党」の候補者、李在明前京畿道知事(56歳)と野党第一党「国民の力」の候補者、尹錫悦前検事総長(60歳)の一騎打ちとなっている。

 両者ともに韓国大統領選史上、初の国会議員未経験者。しかも尹前検事総長は今年6月に出馬を表明し、党に入党してからわずか4カ月で大統領選候補者となるなど、今までにない選挙戦になった。

©時事通信社

尹錫悦候補の支持率が上昇

「国会議員の経験ゼロの人物が候補者になったというのは、新しい政治が求められているということでもあります」(中道系の韓国紙記者)

 来年3月の次期大選の争点はずばり「政権交代なるか」だ。ここで言う政権交代とは与・野交代という意味で、現時点では「政権交代を求める」声が6割近くある。

 野党「国民の力」の尹錫悦候補といえば反文在寅政権の象徴だ。与党との軋轢の始まりは、検事総長時代の2019年11月、曺国元法相の捜査から。

「身内だと思っていた尹候補が捜査の手を緩めなかったのは検察改革への報復」とみなした現政権から執拗ともいえる攻撃を受け、秋美愛前法相との攻防は1年にも及んだ。この攻防が尹候補の人気を押し上げたともいわれ、懲戒の危機を乗り越える度に尹候補の支持率は上昇した。

宿敵・尹候補へ文在寅大統領はどんな言葉をかけるのか ©AFLO

9浪の末、司法試験に合格し検事に

 今年3月、「私が検察でやれることはここまで」という言葉を残し、4カ月あまりの任期を残して電撃辞任。今年6月には大統領選出馬を表明し、翌7月に「国民の力」に合流した。

 父親は名門、延世大学統計学科名誉教授。一橋大学大学院でも学んでいる。母親も教授という学者一家の家庭で育ち、ソウル大学、同大学院法学部を卒業。9浪の末、1991年、司法試験に合格した。検事になり10年後にはいったん検察を辞め、有名法律事務所で働くも1年後には検察に復帰。その後は政権に寄ることのない「硬骨な特捜検事」として名を馳せた。