昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 この仲野と自宅へ入った女性は、画家兼写真家として活動をするBABI(30)だった。

傷心の仲野が会っていた「代官山のお嬢様画家」

「BABIは『リリー・フランキーの(仮)っつーことでいいじゃないですか…。研究所』(BSフジ・2019年)に、“絵描きの代官山育ちのお嬢さま”としてレギュラー出演していました。本当に代官山に実家がある、正真正銘のお嬢様ですよ。リリー・フランキーと親交が深く、『バラ色ダンディ』(東京MX)やラジオの『リリー・フランキー「スナックラジオ」』(TOKYO FM)などにも出演しています。2021年11月9日にも『イグナッツ!!』(テレビ朝日)に、超セレブ画家として出演しています」(スポーツ紙記者)

スーパーから仲野の自宅マンションへ戻る仲野とBABI 撮影/宮崎慎之輔 ©文藝春秋

 同日21時過ぎ、仲野の自宅から2人揃って姿を現した。そしてそのまま車に乗り、着いた先は恵比寿にある芸能人御用達のバー。2人で夜の時間を楽しんだのだろう。バーを出たのは日付が変わってからだった。

 このまま解散するかと思いきや、2人は揃って移動を開始。午前1時30分頃、仲野の自宅へと帰っていった。

 10月31日には、斉藤和義の全国ツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2021 “202020 & 55 STONES”」に2人揃って参加。BABIのInstagramのストーリーには仲野とのツーショットが投稿されていた。

仲野とBABI(BABIのInstagramより)

 永尾との破局の真相、BABIとの関係について詳しく話を聞くため、12月11日22時前頃、仲野に直撃取材。仲野は逡巡しつつも記者の問いかけにこう応えた。

――仲野さん、文春オンラインです。

「はい」

――取材のお願いをしたく……。

「ちょっと代理人を通して貰いたく……」

ーー永尾さんとはお別れしてますよね?

「それも代理人を通して頂きたいです」

直撃を受ける仲野 撮影/上田康太郎 ©文藝春秋

ーーBABIさんともお泊まりされていた?

「お泊まりはしていないです。BABIちゃんのことに関しては良い友人なので。BABIちゃんがやっているYouTubeチャンネルの撮影だったりなどで仲良くさせて頂いてます」

 その後、仲野の代理人から文書で回答があった。

「プライベートに関しましては本人に任せておりますので詳細についてのお答えは差し控えさせていただきます。ただ、すでに永尾様との交際を解消しておりますことは事実でございます。また、BABI様との関係につきましてはYoutube作成などを行う友人の1人という認識です」

 永尾所属の事務所、BABIにも事実確認をしたが期日までに回答はなかった。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(29枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー