昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

在職1日で“満額100万円”支給 「国会の常識おかしい」吉村知事ツイートで話題に 日割りにならない理由とは

source : 提携メディア

genre : ニュース, 政治

在職1日で“満額100万円”支給 「国会の常識おかしい」吉村知事ツイートで話題に 日割りにならない理由とは

 

1日だけで100万円を支給

吉村洋文大阪府知事の「満額100万円支給」というツイートが11月14日の午前中、トレンドにランクインするほど、話題になった。
ツイートで指摘したのは、高額な「文書通信交通滞在費」。

吉村洋文大阪府知事のツイート:
維新の新人議員、小野さんから。なんと10月分の文書通信交通滞在費100万円が現金で満額支給されたとのこと。10月分?選挙の投開票日が10月31日なんだけど。どうやら1日だけでも国会議員の身分になったので、10月分、100万円の札束、満額支給らしい。領収書不要。非課税。これが国会の常識。おかしいよ。

 

このツイートに対して街の人は…

女性(20代):
もらいすぎ。1日で…すごいですね

女性(20代):
満額はちょっと意味が分からないですね

 

10月31日、衆議院選挙で当選した新人議員などに対し、給与に当たる歳費は1日分だけが日割りで支払われた一方、文書通信交通滞在費については、1カ月分100万円が全額支給された。

 

この文書通信交通滞在費は、給与やボーナスとは別に通信費や交通費などの名目で毎月100万円ずつ支給される公費。
しかし、使い道の報告や公開の義務はない。

 

日割りの規定なく、1日でも満額支給

この文書通信交通滞在費について専門家は…

政治学に詳しい日本大学大学院講師・岩井奉信氏:
この手当に関する法律には、日割りといった規定がない。1日でも満額となる。国会議員の間では「第2の給与」といわれている

 

今回の衆議院選挙で当選した新人議員は97人。その議員の分だけでも、、10月のたった1日の在職に対し、9700万円が支給されたことになる。

政治学に詳しい日本大学大学院講師・岩井奉信氏:
こんなものが民間で許されるわけがない。法律を変えればいい話で、全面的に見直すべき

 

(「めざましテレビ」11月15日放送分より)

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー