昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“サラリーマンアナ”安住紳一郎にまた《TBS独立説》 米倉涼子の「ウチの事務所おいでよ!」にまんざらではないワケ

2021/11/22

「安住さん、ほんとに疲れてるんじゃないですかね。11月10日のオープニングのタイトルコールでは『THE TIME,』の番組名が一瞬出て来ず、隣にいた杉山真也アナからフォロー&ツッコミをされていました。さすがの機転で、『独特の間ということでお許しください』と安住節で返してましたが、アレは本人もショックなんじゃないかな、と」(TBS関係者)

10月スタート、TBSの早朝番組『THE TIME,』

 10月に鳴り物入りでスタートしたTBSの早朝番組『THE TIME,』。メインMCは同局の安住紳一郎アナだ。2014年春から7年半続いた「あさチャン!」が夏目三久の芸能界引退とともに終了し、その後番組のテコ入れはTBSにとって大きな課題だった。

安住紳一郎アナウンサー 『THE TIME,』公式Twitterより

「早朝時間帯、TBSはテレ東まで含めた民放5局中の4位という視聴率ランキングをなかなか抜け出せずにいました。編成を朝4時半から5時20分までの『THE TIME’』、そしてスタジオ内で引き継ぎ場面を作り安住アナの『THE TIME,』へと流れるようにしました。要は“安住さんのチカラに頼る”ということ」(同前)

 スタートにあたり9月中盤以降、TBSは局舎の外に巨大な安住と金曜担当MCの香川照之の顔が載った「番組広告」を貼りだした。

『THE TIME,』公式サイトより

「局のエレベーターに乗ると、ドア裏側いっぱいに大きな安住さんの顔の番組PRが貼られていた。それがどの角度から見ても目が合う加工がされていて、出入りする芸能人たちからも『すごい! でもちょっと怖い(笑)』と評判だった。スタジオセットやスタッフブルゾンなどもここ最近にしてはかなりお金をかけて豪勢でした」(同前)

 だが初回視聴率こそ関東世帯で6.5%と素晴らしかったが、その後は4~5%台を推移。思っていたような爆発的な数字はいまのところ打ち出せてはいない。10月の最終週からは番組内の小さなリニューアルを重ね、いまだに手探り感は拭えない。

金曜日の出演に香川照之が指名されたワケ

 安住の出演は月曜から木曜まで。金曜日は日曜劇場やバラエティ番組でもTBSとは縁の深い俳優・香川照之が指名された。その大きな理由のひとつは労働基準法への配慮だ。

 土曜夜のビートたけしとの生放送「新・情報7daysニュースキャスター」、そして16年半続いている日曜朝のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」はどちらも安住の“看板番組”。土曜~日曜の連続勤務を考えると、平日に休みをとらないとならない。

「現在の安住アナの肩書は、TBSテレビ総合編成本部アナウンスセンター局長待遇エキスパート職。後輩のアナウンサーたちの労働環境を整える側の立場にとうの数年前からなっています。以前から月曜は休みにしていましたがそこに放送が入ってしまったので、金曜日を休みにして、なるべく週休1日は死守しようということです」(同前)