昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大江、水卜、橋下、有馬が躍進! 羽鳥&安住の牙城に玉川徹が…「好きなキャスター&コメンテーター2021」トップ10発表

 2年ぶりに行われた「好きなキャスター&コメンテーター」アンケート。昨年春からの新型コロナウイルスの感染拡大で、ニュース番組やワイドショーの最新情報、コメンテーターの意見が気になることの多い時期でもありました。この期間中、ニュースを伝え続けた“番組の顔”の好感度は、どのように変化したのでしょうか。

 この春からは、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)の放映枠の移動で、「報道ステーション」(テレビ朝日系)との“夜10時対決”が勃発、ランキングへの影響が気になります。また、10月から朝の情報番組を担当することになったTBS・安住紳一郎アナの順位も注目です。

「好きなキャスター&コメンテーター」ベスト10に選ばれたのは?

 アンケートは、文春オンラインのメルマガ会員を対象に実施され、4月18日までの21日間で、16歳から92歳までの幅広い年齢層から6714票(男女比5:3)が集まりました。

 では、いよいよベスト10を発表します。(全2回の2回目/ベスト30を読む)

(カッコ内は年齢と主な出演番組)

◆ ◆ ◆

10位 加藤浩次(52・「スッキリ」日テレ系)

 加藤浩次は前回5位から10位へとランクダウン。吉本興業とのエージェント契約が3月末で解除されてフリーに。「スッキリ」では同じ3月に、MCを務めたハリセンボンの近藤春菜、水卜麻美アナが“卒業”。番組は大きな転機を迎えていますが、アンケートでは加藤のはっきりした物言いに票が集まりました。

10位 加藤浩次 ©AFLO

「本音で思いっきりのいいトークとキャラクターに好感が持てる」(66・男性)

「近藤春菜、水卜アナらとともに、とってもいい空気の番組にしてくれていた。コメンテーター含めほとんど誰も不快に感じないのは加藤浩次のおかげ」(46・男性)

「言いたいことをしっかり言ってくれるところがいい。感覚が視聴者と近い」(48・女性)

「庶民や視聴者目線のコメントは親しみがあり、相方思いで所属会社に噛みつく狂犬ぶりも健在」(46・男性)

「意見をはっきり言える事に好感を覚える。吉本との契約解除を残念に思います。吉本が嫌いになりそう」(72・女性)

「嘘をついてなさそうなのが伝わってきます」(34・女性)

「間違ったときは素直に認め、謝ることができる。偏りが少ない」(54・女性)