昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1位 玉川徹(58・「モーニングショー」テレ朝系)

 今回初のトップとなったのは玉川徹。前回7位から大きく順位を上げました。ディレクター出身ながら、「モーニングショー」では、2位の羽鳥慎一とのコンビが鉄板に。コロナ禍では、早くからPCR検査の拡充を訴えて政府の対応を批判し、注目を集めました。最近ではバラエティ番組にも進出し、タレント力も開花。「笑顔が素敵」などと女性の支持もありました。

1位 玉川徹(テレ朝モーニングショーHPより)

「辛口のコメントが良い。特に田崎史郎氏とのやり取りは見ごたえがある」(72・男性)

「歯切れのいい言葉で、政権批判をしてくれる。市民の腹が立っていることをきっちり代弁してくれている」(68・女性)

「鋭いコメントに、知識豊富。どんな話題にもズバズバ切り込み、朝からスカッとする。玉川さんが出るからモーニングショーを見ている」(51・女性)

「よく考えている発言が多い。いいにくい事もきちんと発言する姿勢は、メディアのあり方に一石を投じている」(75・男性)

「良識があって、的確なことを言ってくれるので、好感が持てる。一般の人の気持ちを最も代弁するような意見や質問が多く、国民代表のようだ」(55・女性)

「独特の視点でテーマを斬り込んでいく。また、笑顔が好き」(64・女性)

「忖度しないところ。間違った発言はきちんと訂正して謝罪するので信頼できる」(38・女性)

「非常によく調べている。権力になびかずはっきり主張する。生放送にもかかわらず納得できなければ議論する根性。ユーモラスで中年のおじさんの可愛げもある」(58・女性)

「賛否両論だと思うが、テレビ朝日の社員としてあれだけ自由に発言できるのだから凄い。言いたい放題のようで、テレビ向こうの反応をちゃんと考えてわきまえている部分も感じる。『モーニングショー』で玉川さんが一定の視聴率を持っていることは間違いない」(62・女性)

「さすが理系出身で、数量分析力と情報収集は確か」(76・女性)

「執拗に食い下がり意見を曲げないあの気質は、敵に回したらめんどくさいと思うが、こういう人がいてくれないと、毒にも得にもならない忖度だらけのコメンテーターばかりで日本のテレビは滅びると思う」(63・女性)

 

「ベスト30」を見る

構成:矢野維之

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー