昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

東急線“ナゾの乗換駅”「菊名」には何がある?

2021/11/22

 首都圏に住んでいて東海道新幹線を利用するとき、どの駅から乗り込むだろうか。東京都民ならばだいたい東京駅派か品川駅派に分かれるのではないか。埼玉方面のみなさまはどのみち東京駅に来なければ東海道新幹線にありつけないので、東京駅派に属することになろう。

 このあたり、軋轢というほどではないが、案外みんな自分が新幹線に乗る駅が万人に共通すると思い込んでいる。「新幹線に乗るの? じゃあ品川駅の近くでさ……」などと当たり前のように話し出したりする。いやね、みんなが品川駅から乗るわけじゃないんですよ、と思うのだが、この程度のことで揉めてもくだらないので「ああ、そうですねえ」などと曖昧に話を合わせることになる。まあ、新幹線に乗り込む駅はいくつもあるよ、というわけだ。

「ここで問題になってくるのは、菊名駅の存在である」

東急線“ナゾの乗換駅”「菊名」には何がある?

 そして神奈川県、こと横浜周辺の方々は新横浜駅から東海道新幹線に乗る人が多いのではないかと思う。横浜の人だけでなく、東急東横線沿線の人たちもそうかもしれない。東横線で菊名駅に行って、JR横浜線に乗り換えてひと駅で新横浜駅だ。新横浜駅は東京駅や品川駅と比べてこぢんまりしているので、横浜線から新幹線への乗り換えも楽ちんである。

 ここで問題になってくるのは、菊名駅の存在である。新横浜駅のひとつ東側にあって、東横線と横浜線の乗り換えターミナル。新横浜ユーザーの多くは、だいたいこの菊名駅で乗り換える日々を送っている。

 新幹線に限らず、横浜アリーナや日産スタジアムなどに行こうとするとだいたい菊名乗り換えと乗り換えアプリから指示される。西武池袋線や東武東上線沿線の人たちも、新幹線ではなくアリーナやスタジアムなら菊名で乗り換えねばならぬ。

まずは今回の路線図。新幹線に限らず、横浜アリーナや日産スタジアムと「菊名」で乗り換えることは非常に多い

 そんなわけで、天下の乗り換えターミナルとして菊名駅は名高いのだが、果たして降りたことがある人はどれだけいるのか。かくいう筆者も実は新横浜ユーザーのひとりで、よく菊名駅で乗り換えているのだが、駅の外に出たことは一度もない。菊名駅、いったいどんな駅なのだろうか。