文春オンライン

「総理は頭がおかしくなったのか」「引きずり下ろさなければ」…菅政権“最後の10日間”に起きていた小泉進次郎の“暗躍”とは

『孤独の宰相 菅義偉とは何者だったのか』より #2

2021/12/07

source : ノンフィクション出版

genre : ニュース, 政治

わずか1年での孤独な決断

 しかし、その明るさは空元気でしかなかったのだろう。

 翌9月3日朝、菅は、執務室に複数の側近を呼ぶと、静かに告げた。

「今日の役員会で、こう発言する。『コロナ対応と総裁選の両立は難しいと判断したので、人事は取り下げるし、私は総裁選には出ない。役員は最後まで頑張ってください』と」

ADVERTISEMENT

 側近の1人が、再度、説得する。

「総理、そんなことを言ったら、引き返せませんよ。昨日は、やると言ったではないですか」

「もう、気力が出ないんだ。やるぞ、という気にならない」

 静まりかえった執務室に、側近たちの嗚咽と、むせび泣きが響き渡った。もう、これ以上、説得することはできなかった。

 そこに、加藤官房長官も呼び込まれる。

「ああ、決められたのですか」

 側近たちとは対照的な、淡々とした言葉だった。そして、執務室を出る際に、独り言を口にした。

「あ、そうだ。総理が役員会で発言する前に、私の記者会見を終わらせた方が良いな」

 菅は、この直後に自民党本部に向かい、臨時役員会に出席する。本来は、ここで週明けに行う役員人事について、「総裁一任」を取り付けるはずだった。しかし、ここで、総裁選には出馬しないことを正式に伝えたのだ。居並ぶ党役員たちは、予想もしていなかった菅の言葉に、呆然とするばかりだった。

 この夜、電話をかけると、菅は穏やかな様子で、力が抜け切っていた。

「この選択は、仕方がなかったのですか?」

「もう、戦う気力がなくなってしまった」

©文藝春秋

「なぜですか?」

「身体のエネルギーを使うからね。コロナ対応をやりながら、現職の総理が選挙を戦うのは難しかった。1人ではどうにもならなかった。派閥もなかったしね。そして、このまま突っ込んでいったら、党内が恥ずかしいことになっていた」

「どういうことですか?」

「人事を一任しないとか、そういう動きがあったんだよ」

「でも、総務会は会長の佐藤勉さんがいるから、一任は取れたのではないですか?」

「いや、そのベンちゃんが『難しい』って言ってきたんだよ。このままだと、自民党がズタズタになってしまっていたよ」

 一部の議員らが、総務会で菅の人事を阻止する動きを見せていたという。それをはねのける気力は、もう残っていなかった。「仕事をしたいから総理大臣になった」と目を輝かせて語ったあの日から、わずか1年。菅は退陣に追い込まれた。最後まで、誰にも相談することなく、自らの感情を胸の奥底に押しとどめたまま下した、孤独な決断だった。裸一貫で権力闘争の世界に飛び込み、戦い続けてきた男が、ついに力尽きたのだ。

【前編を読む】「『指導力がない』と言われるけど、こんなに指導力のある総理はいないだろう」総裁選直前の菅義偉が担当記者にこぼしていた“本音”

孤独の宰相 菅義偉とは何者だったのか

柳沢 高志

文藝春秋

2021年12月13日 発売

「総理は頭がおかしくなったのか」「引きずり下ろさなければ」…菅政権“最後の10日間”に起きていた小泉進次郎の“暗躍”とは

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

ノンフィクション出版をフォロー