昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

奇妙な共同生活はやがて…

「火災翌日の(20日)朝6時半頃、亡くなった兄弟の両親は跡形もなくなった家を呆然と見上げ、用意された簡易椅子に座ってコーヒーをすすりながら暖をとっていました。そのとき、旦那さんは留与さんについて『コロナ禍で仕事もなくなり、体調も悪いというので、大阪から連れて帰ってきたんや』なんて言うてました」

 だが、奇妙な共同生活は、まもなく破綻を迎える。留与容疑者は妹夫婦に対し、身勝手な“願望”を口にするようになったという。

「財産も金も譲る。この土地も譲るから、生活保護を受けて生きていきたい」

 無気力な感情を吐露する一方、妹夫婦とは日常的にほとんどコミュニケーションがなかったという。捜査関係者が次のように話す。

亡くなった松尾侑城くんと弟の眞輝くん

「(留与容疑者は)みずからの将来を悲観した挙げ句、人生そのものをリセットしたかったのではないか。妹一家への嫉妬心と居場所のなさが犯行の引き金になった可能性があるが、無垢な子供たちを巻き込む理由にはならない。生活保護を受けるために放火したとしたら、あまりに短絡的です」

 手を繋ぎながら通学していた仲良し兄弟の笑顔が戻ることは、もう二度とない。

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー