昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

安達祐実が40歳で独立 「事務所」より「30代男性マネージャー」を選んだ理由

〈11月末日をもちまして、30年間お世話になったサンミュージックプロダクションを退所することにいたしました〉

 と、突然自らのインスタグラムで発表した女優の安達祐実(40)。その裏には一体、何が――。

◆ ◆ ◆

安達祐実

『家なき子』で国民的存在に

 2歳から芸能活動を続けていた安達が、サンミュージックに所属したのは10歳の時のことだ。そして2年後の1994年、主演した『家なき子』(日本テレビ系)は最高視聴率37.2%を記録、天才子役として国民的存在となった。サンミュージック名誉顧問の福田時雄氏が振り返る。

「お母さんの躾が厳しかったのか、きちんとした子でした。『家なき子』で賞をもらった時のパーティーで、子供に語るような言葉遣いで話しかけたんです。そうしたら、ムッとしたのか、しっかりとした大人のような話し方で返されたのを覚えています(笑)」

 ドラマや映画に引っ張りだこだったが、2005年、芸人の井戸田潤と結婚する。長女を出産するも、09年に離婚。その後14年にカメラマンの桑島智輝氏と再婚し、現在は2児の母だ。

夫の桑島氏と(安達のインスタより)

25年ぶりの朝ドラ出演など、再ブレイク中

「子役のイメージが強く、女優業では伸び悩んでいましたが、最近、その変わらぬルックスが再注目された。『CanCam』20年6月号で最年長の表紙モデルに起用されたり、テレ東で同年に10年ぶりの主演ドラマ『捨ててよ、安達さん。』が放送されるなど再ブレイク中です」(スポーツ紙記者)

 現在放送中のNHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』にも、時代劇女優の役で出演することが決まっており、96年の『ひまわり』以来、25年ぶりの朝ドラ出演を果たすことになる。

 そんな上げ潮の芸能活動の中、なぜ独立を?