昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

捜査員が“エロ眼”と呼ぶ視線の男も…卑劣行為を見逃さない鉄道警察隊 脚を出した女性追う男の言い分は

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

通勤ラッシュに取り締まり 痴漢捜査のプロフェッショナル

女性を狙う痴漢行為や盗撮行為など、2021年に愛知県警鉄道警察隊に寄せられた相談件数は258件にのぼる。

脚を出した女性ばかりを追う男に、キョロキョロと女性を物色する男…。痴漢捜査のプロフェッショナルは、被害者を1人でも減らすために通勤ラッシュで繰り広げられる卑劣な行為に目を光らせている。

 

名古屋駅にある「愛知県警鉄道警察隊」。

 

駅や電車内での痴漢・盗撮の取り締まりに当たる鉄道警察隊の村上晴美警部補(57)は、これまでスリ捜査10年、痴漢捜査9年を経験してきたその道のプロだ。

 

午前8時10分、出勤ラッシュの名古屋駅。ワイシャツに紺のスラックス姿の村上警部補が、人ごみに溶け込み目を光らせる。

 

まず目をつけたのは、満員のホームで柱の陰に立ちスマホをいじる男性。痴漢の特徴として、立ち止まってターゲットを探すため柱付近に立つことが多いという。しかし、後ろから様子を伺うと…。

 

村上晴美警部補:
ゲームばっかりやってるんですよ。まあ、動きとしてはおかしいんですけど、女性にくっつくというのはないので…

 

男性は、ゲームに夢中になっているだけだった。

混み合う区間を4往復…ショートパンツの女性のあとを追う50代男

 

午前8時50分。次に村上警部補が目を付けたのは…。

村上晴美警部補:
ショルダー(バッグを)持ってる男。乗ってきた電車でまた折り返した

 

サングラスをかけ、ブランド物のバッグを持った中年の男。地下鉄名古屋駅で乗車後に伏見駅で下車。しかし、改札を出るわけでもなく再び名古屋駅方面に向かった。

 

複数の捜査員が、この男が少なくとも4往復している様子を確認。ターゲットを見つけるために混み合う区間を何度も往復するのも、痴漢の特徴的な動きの一つだ。

 

その後、男は伏見駅でショートパンツの若い女性を見つけると、同じ列車に乗り込み一定の距離を保ち続けた。そのまま何もすることなく、名古屋駅で女性と一緒に下車。

z