昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/11/28

genre : ライフ, , 娯楽, 社会

目の前には荒れ果てた舗装路が……

 航空写真で見つけたポツンと舗装路はまだこの先なのだが、道が繋がっていないので迂回する必要が生じた。いったん国道まで戻り、ダートの荒れた林道からアプローチを試みる。何度も車の床下を擦り、ズルズル、ゴツン、カキンという嫌な音を聞きながら、慎重に進んだ。

 ゴリゴリのダート路を走ること30分、ようやく目的地に近づいた。これまでの悪路が嘘のように、センターラインが引かれた舗装路が目の前に広がっていた。何度経験しても、これは感動の瞬間だ。

迂回してゴリゴリのダート路から近づいていく
すると、突然目の前に“ポツンと舗装路”が!

 下呂市のポツンと舗装路は、1キロほど続いていた。路面はやはり荒れ果てていて、アスファルトから生える草が中央分離帯のようになっていた。

 慎重に車を走らせていた時、目の前を大きな動物が横切っていった。野生の鹿だ。鹿が軽快に跳ねながら、道路を横断していったのだ。驚いたが「動物注意」の道路標識と同じような光景を見ることができて、嬉しかった。

野生の鹿が道路を横断していく
「動物注意」の道路標識のような写真が撮れた
道の先端は絵に描いたような行き止まりだ

 やがて舗装路は突然プッツリと途切れ、その先は切り立った崖になっていた。絵に描いたような行き止まりだ。

まるで異世界のような光景

 それにしても、舗装路の前後はどこにも繋がっていないというのに、ガードレールが設置され、センターラインまで綺麗に引かれている。完全に仕上げられているからこそ、違和感が凄い。高規格な道路が荒れ果ててしまっている姿は、どこか現実離れし、異世界に迷い込んでしまったような感覚に陥る。

 浮世離れした計画がもたらした非現実的な世界。その背景には、大人の事情や既得権益の闇、横領事件も絡み合う。税金の無駄使いのなれの果てともいえるだろう。そうした問題も確かに重要だ。だが私は、航空写真から様々な「?」を見つけ、実際に現地を訪れてその謎を解くことが、何よりも楽しい。次の異世界を求めて、今日も私は航空写真を眺めている。

 

撮影=鹿取茂雄

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(30枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z