昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「お前のイメージはそれだけか」國村隼が語る、『ブラック・レイン』撮影現場で見た松田優作の“怪演”

國村隼さんインタビュー

2021/12/12

source : 文藝春秋 2022年1月号

genre : エンタメ, 芸能, 映画, テレビ・ラジオ

 今なおカリスマ的人気を誇る昭和の俳優・松田優作。映画としては彼の遺作となったハリウッド大作『ブラック・レイン』では、膀胱がんの事実を伏せて撮影に臨み、凄みのある演技が世界に衝撃を与えた。この作品に当時無名の俳優として出演し、松田の薫陶を受けたのが、俳優の國村隼だ。映画『MINAMATA』に、テレビドラマ『日本沈没―希望のひと―』と、今や引っ張りだこの國村に、松田と2人で過ごした濃密な時間を振り返ってもらった。

國村隼氏 ©文藝春秋

出会ったのは亡くなる1年前

――國村さんが松田優作さんと初めてお会いになったのは、松田さんが亡くなるちょうど1年前の1988年11月6日だったそうですね。どういうシチュエーションだったのですか。

國村 『ブラック・レイン』の撮影現場で、確か新日鉄(現・日本製鉄)の堺製鉄所でした。それが僕の初日だったんです。今も覚えてますけど、あの映画にはバイクがいっぱい出てきますでしょ? ちょうど僕が現場に入ったら、広い、広いスペースで1人、オフロードバイクに乗って遊んではる人がいた。それが優作さんだったんです。僕から「おはようございます、初めまして」とご挨拶したのが最初です。

――松田さんの方は國村さんのことをご存じでしたか。

國村 いや、そんなもん、こっちは当時まったくの無名ですから。自己紹介して、優作さんの子分の役をやらせてもらいますとお伝えしました。

――松田さんはスター俳優ですが、お会いになる前と後で印象は変わりましたか。

國村 以前は、タフな体育会系のイメージを勝手に抱いていました。でも、現場や食事に連れていってくれた時にいろんなお話をするなかで、「実際はすごく繊細な人なんだな」と感じるようになりました。その頃、体のことがあった(筆者注:膀胱がんに侵されていたが周囲には伏せていた)というのもあるでしょうけど。いろんなことをものすごく深く考えて、自分なりの答えを見つけようとする繊細さを持つ方でした。

松田優作と國村氏が初めて会ったのは『ブラック・レイン』の現場 ©文藝春秋

――特にロサンゼルスでの撮影で、交流が深まったそうですね。

國村 はい。あの映画は当初、オール日本ロケで済ませるはずだったみたいです。ところがいろんな事情で日本だけでは素材が揃わなくて、LAで追加撮影をすることが決まったんです。僕の演じるキャラクターも日本で撮影が終了するはずだったんですが、結局一緒に行けることになりました。

 実はそのことを最初に僕に教えてくれたのが、優作さんなんです。「お前も一緒に行けるぞ! 良かったなあ! 一緒に行けるぞー!」って誰よりも喜んでくれました。

 滞在は1ヵ月半くらいでしたが、僕の場合はずっと出番があるわけではないので、ステイしている時間の方が長かったですね。僕の出番はほとんど優作さんと一緒なので、僕が出るときは優作さんが常にいらっしゃる。僕はいなくていいけど、優作さんはいなきゃいけないということの方が多かったです。

z