昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

羽生結弦 五輪3連覇のために絶対に必要な“あの人”の存在

 今季初戦だった11月12日からのNHK杯に続き、同26日からのロシア杯も欠場することが決まった羽生結弦(26)。北京五輪まで100日を切り、五輪3連覇に黄信号か――。

◆ ◆ ◆

 

〈たった一度の転倒で、怪我をしてしまい…〉

 コロナ禍のため、練習拠点のカナダに渡航できず、昨シーズンからコーチ不在のまま地元・仙台で練習を積んでいた羽生。練習中に「右足関節靱帯損傷」の怪我を負い、〈たった一度の転倒で、怪我をしてしまい、とても悔しく思っています〉とコメントを出した。

「詳しい説明はありませんでしたが、4回転半ジャンプの練習で転倒したのではないでしょうか。今季中に跳ぶことを公言していましたから」(スポーツジャーナリストの折山淑美氏)

練習中の羽生結弦

 現在の状況はどうなのか。

「リンクでの練習は再開したものの、スケーティングが主で、まだジャンプは跳べていないようです」(羽生を知る人物)

全日本選手権に出られない場合はどうなる?

 北京五輪のフィギュアスケート男子シングルは、日本から3人が出場できるが、最終選考は12月下旬の全日本選手権。現時点で羽生の出場は不確定だが、出られない場合はどうなるのか。

「代表の選考基準は1枠目は全日本の優勝者、2枠目は全日本と今季の国際大会の成績優秀者、そして3枠目は世界ランキングなど、過去の実績を考慮しての選考となります。2018年の平昌五輪の選考では、羽生は全日本に出場しませんでしたが、この3枠目で選ばれました。圧倒的な実績を持つ羽生ですから、今回も間違いなく選ばれるでしょう」(スポーツ紙記者)

z