昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「僕が欲しいのは綾ちゃんと…」21歳の女子大生と66歳の加トちゃん、加藤綾菜が語る2人の馴れ初め秘話

加藤綾菜インタビュー#1

 お笑いタレント・加藤茶さん(78)の妻・綾菜さん(33)。結婚当初、加藤茶さんが68歳、綾菜さんが23歳という45歳年の差夫婦の誕生に、激しいバッシングを受けながらも、今年で結婚10周年を迎えた。

 そんな綾菜さんに、これまで受けた誹謗中傷や中学時代のいじめ、そして2人が出会い結婚するまでを詳しく聞いた。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

「比較的明るい子でした! ただ中学の時にいじめを受けていて...」

――今年結婚10周年ということで、おめでとうございます。

加藤 ありがとうございます(笑)。10年って感じはあまりしないんですけどね。あっという間でした。加トちゃんと出会った時は、まだ学生でしたから。

加藤綾菜さん ©釜谷洋史/文藝春秋

――出会った時は21歳ですもんね。綾菜さんの学生時代は、どのような感じだったのでしょうか。

加藤 比較的明るい子でした! ただ中学1年の時にいじめを受けていて。その時はかなり精神的に落ちていました。

 教室に入ると「おまえくんなよ」ってヤジ飛ばされるようになって。授業中も消しかすみたいなのがポンポン投げられたりとか。ご飯も一緒に食べてくれる人がいないので、トイレで食べてました。ある時は、「ちょっとごめん」ってカップラーメンを頭からかけられたことも。

――カップラーメンを? 火傷しますよね。

加藤 頭皮は真っ赤でした。ただ具材は食べ終わっていて、お湯もそこまで熱くはなかったので、大事には至りませんでしたけど。中学校2年生になったらクラス替えがあり、いじめっ子たちと離れたおかげで、いじめは一切なくなりました。そんな感じの壮絶な中学時代を送っていましたね。

©釜谷洋史/文藝春秋

大学では国際色豊かな寮に住んでいたことも

――高校ではソフトボールに打ち込んでいたんですよね。

加藤 3年間ソフトボールをみっちりやっていました。真っ黒に日焼けして、高2ではキャプテンに選ばれて県大会に出場するようになって。運動に全てを捧げた高校生活でしたね。だから恋愛なんて全くなくて、恋愛するぐらいだったらボール拾いしとるわ、という子でした(笑)。

――大学に入る時に上京してきたんですか。

加藤 そうです。始めの2年間は、寮に住んでいました。大学には、値段が高い寮と安い寮の2つがあったんですよ。6万5000円の寮だったら、自分の部屋にシャワーがついているけど、4万5000円の寮だと風呂とトイレが共有。

「どっちにする?」ってお母さんに聞いたら、「もう1個しかないじゃろ」と言われて。6万5000円かと思ったら、4万5000円の方だったので「そっちか(笑)」と思いました。私が入った寮は国際色豊かなところだったので、最初のうちは、結構戸惑うことも多くて。洗濯物とか干してたら、私のパンツとか勝手に誰かが穿いていたり(笑)。

 名前を書かないといけないと思って、すべてのものに「AYANA」って書いたんですけど、AYANAと書いてあるTシャツでも着ていたので、もうダメだなと思いましたね(笑)。