昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

愛子さま20歳「全ての経験が私の財産となっています」眞子さん“NYファッション”のルーツと、佳子さま“スカート丈”への変わらぬこだわり

2021/12/05

 秋篠宮家の長女・眞子さんと小室圭さんのニューヨークでの新生活は、大きな注目を集めた。海外メディアも2人の近影を捉えようと、英「デーリー・メール」は眞子さんが日用品を買い物したり、小室さんと連れ立って街を歩く様子を多数の写真と動画で伝えた(11月22日、現地時間)。警備がつかないで出歩く様子や現在の住まいがわかる形で報じられていることに、“セキュリティの危険性が高まっている”と懸念する記事もある。

「Daily Mail Online」より

 報道される眞子さんの姿を見ていると、いずれもカジュアルでややオーバーサイズの洋服を選んでいる。ある時はボリューム感のあるデニムの裾を大きく折り返し、「MACOBER(マコバー)」というフランスのブランドのボア素材のアウターを着込んでいた。小室圭さんは出国時に続いて、ダース・ベイダーがあしらわれたスリッポンを履き、こだわりを示していた。(「NEWSポストセブン」、2021年11月25日)

10月26日、記者会見で文書を読み上げる小室眞子さん ©JMPA

 時折、満面の笑みを浮かべる眞子さんの表情からは、自分の好きなファッションに身を包んで小室圭さんと自由に街を歩くことができる解放感を味わっている様子が伝わってくる。振り返れば皇族であったころから、眞子さんの洋服選びでは“サイズ感”が重要なポイントだったように思う。

箱根旅行での「おうちスタイル」

 思い出したシーンが2つある。まずは、2018年6月に眞子さんがご友人と箱根旅行へ出かけた時のことだ。眞子さん以外のご友人3人は、Tシャツ、ジーンズにスニーカー、ナイロン製の旅行バッグという動きやすいスタイルだったが、眞子さんは「おうちスタイル」とも言えるようなラフなファッションに身を包み、細いフレームのメガネをかけていた。

ブータンご訪問で農家を視察された眞子さま(当時)。レリアンのノースリーブとワイドパンツを着こなされていた ©時事通信社

 ゆったりとしたネイビーのフレンチスリーブTシャツに、ブルーのマキシスカート。そして足元はダークネイビーの太いヒールサンダルだった。小さなリュックサックからはサングラスがのぞき、ブラックのキャリーケースを引いていたという。この年の冬、勤務先から退勤する折には、夕食を買ったのか片手にビニール袋を下げて、オーバーサイズのコートを着て丸の内を歩いていたこともあった。

z