昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「悪魔のトースト」など"背徳グルメ"が人気 「罪悪感が最高の調味料」 ヘルシー志向の中でハイカロリーで魅了

source : 提携メディア

genre : ライフ, グルメ

 

「背徳」それは、道徳にもとり背くこと。
駄目だとは分かっていながらも、病みつきになるのが「背徳グルメ」。
大阪市阿倍野区にある、「チーズと生はちみつのお店BeNeあべのキューズモール店」に向かうと…

薄田ジュリアキャスター:
チーズと生はちみつのお店BeNeさんにやってきました。罪深いと話題になっているグルメがあるそうなんです

約10種類のチーズと、生はちみつを使った料理が自慢の店。
中でも、若い女性に大人気だというメニューが『天使が作った悪魔のトースト』。

薄田キャスター:
チーズの量すごいですね。トーストからなだれ出てますよ

 

広報 青池美帆さん:
では生はちみつをかけさせていただきます。しっかりとかけております。

薄田キャスター:
けっこうな量ですね。見るからに罪深いです。本当に悪魔の食べ物だ。絶対美味しいのは間違いないんですけど、絶対カロリーが高いのも間違いない。

竹炭を練りこんだ食パンの上に、マスカルポーネやゴルゴンゾーラなど、4種類のチーズをのせ、生はちみつをたっぷりと。
1つでなんと、約950キロカロリーだ。

薄田キャスター:
(食べて…)今一瞬で血糖値が頂点行きました。やっちゃいけない事してる感じもあって、よりおいしく感じる。「これ食べてやったぜ」っていう、ダメな事だけど、征服したっていう感じもあるんですかね。

広報 青池さん:
ストレス発散にもなってるのかなとは思っています。

また、大阪の梅田にある肉バルGABURICOでは、『悪魔の肉チーズタワー 食べ放題』という罪深い料理が話題に。
このような背徳グルメは、2021年になって増えていてどれも大人気だそうだ。

 

パン1つでご飯3杯分以上

2021年6月、大阪の本町にオープンした「BAKERY&CAFE The.Terrace」。

薄田キャスター:
香りがすごいですね。匂いだけで背徳感が…

『マヌルパン』は、一見普通の美味しそうなパンだが、作っている様子を覗いてみると…