昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022年の論点

「PTAで有休を使い、子どもが病気のとき仕事を休めなかった」「うつ病を患った母親が強制を苦に自殺を…」 コロナで“PTA改革”に乗り出した保護者たち

2021/12/21

source : ノンフィクション出版

genre : ニュース, 社会, 働き方

 PTAに関しては、コロナ禍の便益を感じている保護者が多いかもしれません。毎年行われてきた学校やPTAの行事が軒並み縮小、中止となるなか、「いまなら仕事が少ないからラクにノルマをこなせる」という読みで、役員や委員に立候補する人が続出しています。さらに「例年通りの活動をやめても実は問題ない」ことを実感し、これまでのやり方を見直す空気も広がりつつあります。

 そもそもPTAとはどんな団体なのか。その名前からして、保護者(Parent)と教職員(Teacher)が子どもたちのために協力する会、と理解されていますが、現実には「学校のお手伝い」を中心に、前年通りの活動を繰り返す、保護者、実質母親たちの義務的活動、という認識が一般的です。

©iStock.com

じゃんけんやクジで役員にあたり、泣きだす母親も

 法的な根拠は一切ないのに、多くのPTAでは「必ずやる」というルールが定着しており、加入から強制です。保護者は子どもが学校に入ったら「PTAに入るか否か」を聞かれることなく、いつの間にか会員として会費を徴収され、活動参加をも強いられています。

 母親たちの心を最もざわつかせるのは、4月の保護者会で行われるPTAの役員(委員)決めでしょう。多くのPTAには「各クラスから必ず何人の委員を出す」という謎のノルマがあるため、引き受ける人が出るまで何十分も、ときには何時間も沈黙が続くのです。それぞれ「できない理由」を公表させられ、その理由で「免除」を認めるか否か、ほかの人たちが挙手で判定することもあります。じゃんけんやクジで役員にあたり、理不尽さのあまり、泣きだす母親も出ます。

PTAはジェンダーバランスも最悪

 この恐ろしい役員決めを表面上なくすため、「ポイント制」を採用するPTAもありますが、これまた厄介な仕組みです。ポイント制とは、「本部役員をやると5点、委員は3点、係は1点」といったふうに活動ごとに得られるポイント数を定め、「卒業までに何点ためる」というルールを課し、全保護者に漏れなく活動させる仕組みです。役員決めは早く終わりますが、徹底した強制ルールなので、PTAの雰囲気も保護者の関係も、より殺伐としたものになります。しかも、ポイント制は一度始めると、やめるのも困難です。誰かが「やめよう」と言いだすと、「私が溜めたポイントが無駄になってしまう!」という恐怖感から、反対する保護者が出てくるからです。