昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/12/27

genre : ライフ, , 娯楽, 社会

携帯はもちろん圏外、パンクでもしたら命取り

 この国道の魅力は、ただ道が酷いだけではなく、景色がいいことだ。沿道には山々を眺望できるスポットや、複数のダムや滝が存在する。先に紹介した銚子滝・不動滝のほかにも多くの滝があり、どれも見応えがある。酷道の運転に疲れた時、そうした絶景が励ましてくれる。

425号には絶景スポットが満載だ
だが、やはり路面の状況は悪く、突然大きな穴が開いていることも

 一方で、路面のアスファルトが剥がれて大きな穴が開いていたり、落石が転がっていたり、山の斜面から木々が落ちそうになったりしているので、一瞬たりとも気が抜けない。携帯電話はもちろん圏外。

 こんなところでパンクなどのマシントラブルに見舞われたら、命取りになりかねない。小さな落石も踏まないように、より慎重に運転する必要がある。

山の斜面から木々が飛び出している

 和歌山県に入り、田辺市龍神で国道371号との重複区間に入ると周囲は街になり、道路状況は改善する。その後も狭い区間はあるが、これまでのことを思うと快適に感じるから、不思議なものだ。この行程の途中にある街は、奈良県の下北山村と十津川村、そしてこの和歌山県田辺市龍神の3箇所だけだ。

2.8キロの改良工事に9年かかった

 途中、滝やダムに立ち寄りながら走っていると、終点の御坊市に到達するまでに12時間近くを要する。酷道を走っているだけで、1日が終わってしまうのだ。走り終わる頃には、酷道マニアでも酷道が嫌になるほどだ。さすがは“日本三大酷道”の一つと言えるだろう。

 そんな酷道425号だが、実は道路改良も少しずつ進められている。今年3月には、和歌山県印南町川又で行われていた改良工事が完了した。だが、2.8キロ間の改良に9年の歳月と、36億円の事業費を要したという。全線の改良など、まだまだ先の話になりそうだ。

 現状の国道425号で紀伊半島を横断するのなら、大きく迂回して他のルートを走った方が、はるかに早くて安全だ。確かに、そこには転落による生命の危険やガス欠のリスクはない。しかし、絶景を独り占めできることも、走破した後の格別な達成感も無いだろう。

 あなたなら、どちらのルートを選ぶだろうか。

 

撮影=鹿取茂雄

2021年 地域部門 BEST5

1位:路面はボロボロ、斜面からは落石多数…日本屈指の「酷すぎる国道」を12時間かけてドライブしてみた
https://bunshun.jp/articles/-/50839

2位:強権企業が島を支配、日本円すら流通せず…ナゾの離島「南大東島」のディープすぎる世界
https://bunshun.jp/articles/-/50838

3位:北の大地のターミナル「札幌」には何がある? 北海道らしい広々とした駅かと思いきや…
https://bunshun.jp/articles/-/50836

4位:「飛田新地とは対照的…」尼崎の色街“かんなみ新地”で70年続いた「警察の黙認」が終わった“ウラの事情”《遊郭が一斉閉店》
https://bunshun.jp/articles/-/50835

5位:消費税不要? お釣りはすべてピン札? ありえない“おもてなし”で県民に愛される「秋田の三越」に行ってみた
https://bunshun.jp/articles/-/50834

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(44枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー