昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《北新地ビル火災》「男が暖房器具付近で紙袋を蹴り倒し、中から出てきた液体に引火した」“京アニ以来の大放火事件”か 混乱する現場の一部始終

genre : ニュース, 社会

 大阪市北区・北新地にある堂島北ビル。大通り沿いに面している繁華街のど真ん中で白昼堂々と悲惨な事件は起きた。

 12月17日午前10時頃に大阪市北区曽根崎新地で発生したビル火災。30分ほどで火元はほぼ消し止められたが男女28名が負傷、うち27名が心肺停止の状態となっている。現時点で死者は24名。2019年の「京アニ放火事件」以来の大事件だ。

煙が出ている北新地のビル(読者提供)

 現場付近の様子は悲惨なものだった。目撃者が語る。

緊迫した現場「助けて!」「頑張れ!」

「ビル4階の窓から炎が上がっていました。大量の消防車、救急車、パトカーが集まり、慌ただしく消防士が消化作業にあたっていました。サイレンが鳴り響く現場に、周囲は騒然としていましたよ。

 もうもうと煙が立ち上る6階には逃げ遅れた女性がいました。声は聞こえなかったですが、『助けて!』と言っているようで、窓から頭と手を出して助けを求めていました。『頑張れ!』と消防士が取り残された女性を励まし、小さな窓からその方は無事に救助されていました」(事件の目撃者)

 出火元は、堂島北ビル4階にある心療内科と精神科の医療機関「西梅田こころとからだのクリニック」と見られている。