昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「雪がクッション代わりになって彼女を助けようと…」急逝した神田沙也加さん(35)が乗り越えてきた「壮絶ないじめの過去」と「恋愛トラブルの数々」

 スタッフがかけつけると、神田沙也加さん(35)が宿泊しているはずの22階の部屋には誰もおらず、部屋の窓が無造作に開いたままだったという――。

「12月18日は午前10時からリハーサルが始まる予定でした。ですが、沙也加さんはいっこうに現場には現れず、11時になっても連絡がつかなかった。スタッフが沙也加さんが宿泊するホテルの最上階の部屋を訪れ、扉をノックしたものの全く反応がない。不審に思ったスタッフがホテル側に事情を話し、合鍵を使って部屋にはいったのですが、部屋には誰もいなかった。ただ、窓が開いており、不審に思ったスタッフが通報したといいます。窓下の14階の屋外スペースには雪が積もっており、雪下から沙也加さんは靴を履いてない状態で発見されたそうです」」(事務所関係者)

神田沙也加さんが宿泊していた札幌市内のホテル ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

 女優の神田沙也加さんが12月18日、主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の公演先である北海道・札幌市内の病院で急逝した。警察は自殺の可能性もあるとみて調べているという。

「22階の高さから14階に落ちたものの、雪がクッション代わりになり即死は免れたようです。12時55分、救急隊が駆けつけた当初は意識不明の状態で沙也加さんは病院に搬送されました。この日の夕方頃から関係各所やマスコミに話がまわり、安否が心配されていたのですが、通報から9時間後の午後9時40分にお亡くなりになったそうです。『マイ・フェア・レディ』は彼女が”芸能界の母”と慕う大地真央さんの代表作で、思い入れも強かったはずです。転落したホテルと公演の会場は目と鼻の先の距離にあり、関係者やファンも宿泊していました」(スポーツ紙記者)

『マイフェアレディ』の衣装を披露する神田さん 本人公式ブログより

 突然の訃報に、会場に訪れたファンにも動揺が広がっている。

z