昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/15

避妊リングの話は「間違いなく炎上すると思っていました」

――益若さんのYouTubeと言えば、避妊リングの「ミレーナ」を入れたことを明かされたり、生理の話題を展開するなど、話題になっています。

益若 避妊リングの話をしたら間違いなく炎上すると思っていました。それにLINEニュースにもなるだろうなとも思っていて、実際、動画を多くの方が見てくださったようです。ありがたいことに、自分で発信したことについて、ネットニュースになるような場所に今、私はいさせてもらっています。これまではその影響力を自分が好きなヘアメイクやファッションの分野で使っていました。でも今は「今日の髪型」じゃなくて、知識とか教養になることを発信できたらなと思っているんです。そう考えるようになったのは、子どもが中学生になって思春期に入ったことが大きいかもしれません。

 

 動画に上げている生理や避妊リングのことも、専門家である産婦人科医の方ではなく“益若つばさ”が話すことで、みんなの会話にのぼりやすくなるなと思ったんです。正直、私がミレーナを入れたというのはあまりどうでもいいことで、避妊リングの存在を知ってもらうきっかけにしたかった。そういう意味で、私は「お題提供の人」でいたいんです。

 それを知りたての人が発信してもいいし、知識が足りないから言っちゃいけない、なんてことはないと思います。「しっかりお勉強してから来てくださいね」的な言葉は議論を活発にするのではなく、相手を黙らせてしまうだけだと思います。

まどろっこしくても、自分なりの言葉で話したい

――バッシングや炎上はこわくないですか。

益若 こわいです。めちゃくちゃこわいです。お題提供者としてはたとえばヤフトピに載せてもらうって最高ですけど、一方でヤフコメで叩かれもします。LINEニュースも文春も、正直、メディアに出るのは全部覚悟がいります。ただ取り上げてもらうことで、たとえば性教育が進む場面もあると思うので、本当にその狭間で悩みながらやっています。

 

――みちょぱさんや藤田ニコルさんといったギャル系タレントの方は、バラエティ番組などで、ご意見番というかコメンテーター的な立ち位置になることも多いですね。

益若 私自身は「ギャル」や「シングルマザー」を代表しているつもりもないし、代弁者になりたくないんです。それにコメンテーターとして呼ばれたとしても、人や事件について白黒つけるようなジャッジもしたくなくて。