昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/02

──お2人の相性がいいんでしょうね。

西村 私は「これは納得いかない」と思ったら怒りますが、怒りが小さいうちに彼に文句を言うので、我慢がたまって大爆発、ということはないですね。

 一方、彼はそもそも怒ることが少ないタイプで。今までにたくさん訴えられたり、家宅捜索に入られたり、ストーカーに追われたりしてるんですが、彼は一貫して「なんとかなるから」「ストーカーもそのうち飽きるから」という姿勢なんですよ。

2018年、ロンドンのバスの中で

──でも、そういう体験をしているカップルはかなり珍しいですね。

西村 そうかもしれない。友だちにもよく言われます。でも、徐々に私にも耐性がついたのか、いろいろなことが気にならなくなりました。

ひろゆきを『三国志』の登場人物に例えると?

──マンガの中で「ひろゆきさんが小学生の頃、友だち同士で『三国志』の人物名で呼び合っていた」というエピソードがありますよね。

 ひろゆきさんのあだ名は《張飛》だったそうですが、ゆかさんから見たひろゆきさんは、『三国志』でいうと誰ですか?

*張飛……中国の後漢末期から三国時代に活躍した蜀の武将。勇猛果敢だが粗暴な人物として知られる。

だんな様はひろゆき』(原作/西村ゆか 漫画/wako 朝日新聞出版)

西村 ネットで「ひろゆきは諸葛孔明だろう」といわれているのをよく見るんです。問題点を整理して解決策を考えるという点は、確かに合っているなと。

 でも、今までお話ししたような家庭内での傍若無人ぶりを考えると、私は張飛でいいんじゃないかと思います。

──やっぱり張飛ですか。

西村 張飛は《武勇に優れるが、大酒飲みで詰めが甘い》というイメージがあるじゃないですか。武勇以外の部分は家庭内では多々見受けられるので、わりと張飛じゃないかなと(笑)。

張飛が表紙の『三国志』3巻  (著/横山光輝 潮出版社)

──そうなんですね。もしかしたらすごいマイナーキャラが出てくるのかな、とも思ったんですが。

西村 いや、やっぱり張飛だと思いますね。普段から、お酒飲みながら配信してますし(笑)。

 あと、彼はわりと詰めが甘いんですよ。マンガにも描きましたが、彼は《お得》という言葉に弱くて。たとえばフランスのスーパーで、「何ユーロ買うと割引になる」というので、それがとてもお得だと信じて行ったのに、その日に買わなくていいものまで買っちゃう。そして結果、お得じゃなくなる……みたいな。

 

──そういうとき、ゆかさんはどうするんですか?

西村 私は内心「それは本当にお得なのか?」といつも思いながら、「でもまぁ、自分でお金出してるからいいかな」と。だから、《ひろゆきは大酒飲みの傍若無人で、若干詰めが甘い張飛》と書いておいてください(笑)。

だんな様はひろゆき (ソノラマ+コミックス)

西村 ゆか ,wako

朝日新聞出版

2021年10月20日 発売

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー