昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「この動画に映るメンツもさることながら、お店も超一流。『かに吉』はミシュラン2つ星を獲得した名店で、予約は2年待ちだと言われています。この日は、お昼12:30頃に羽田空港に集合し、14:30頃にはお店に入店。17:30過ぎにはプライベートジェットで東京へとんぼ返りするという、超弾丸行程でした。

 このメンバーでの“美食会”は定期的に催されていて、2021年12月13日には埼玉県川口市にある『樋山』で同じようなメンツで集まっています。『樋山』で振舞われる料理は松茸やトリュフなどの高級食材のオンパレード。1人あたり10万円はくだらない。知る人ぞ知る超高級店です」(芸能関係者)

鳥取県の高級蟹料理店「かに吉」から帰京した松浦氏 ©文藝春秋

 松浦氏がYouTubeで公開する”セレブ生活”はこれだけではない。

 2021年11月12日に投稿された動画《【男のロマン】世界210台限定、俺のフェラーリを紹介します!LaFerrari Aperta》では、松浦氏が所有する約6億円と約3~4億円のフェラーリ2台を紹介。ほかにも五十数台の車とバイクを所有していると豪語してもいる。

 松浦氏は、2021年4月頃にも【変な車おじさん】と名乗るInstagramの裏アカウントで、《今日もなんとなく2台買っといたわ。ははは。嫌味なやつだろ! 嫌われたい!》などと購入した車の写真を投稿していたこともある。

松浦氏のスーパーカー(松浦氏のInstagramより)

「この動画で紹介しているスーパーカーの多くが、ここ2年間で購入したものです。コロナ禍のストレスでしょうかね……。ここ最近は沖縄へ頻繁に足を運んでいますよ。コロナの影響でハワイの別荘へなかなか行けなくなってしまいましたから、その代わりに沖縄で羽を伸ばしているようです。東京にいるときには、エイベックスが出資しているクラブ『SEL OCTAGON TOKYO』に入り浸っています」(松浦氏を知る人物)

“自由すぎる”振る舞いに社員はヒヤヒヤ

 松浦氏が熱を上げているものは他にもある。それは投機の対象として近年注目される「NFT」と呼ばれるデジタルアートだ。以前アイコンにしたこともあった“神風ハチマキ”を巻いたサルの絵「Bored Ape Yacht Club」を約3000万円で、現在のアイコンになっている「CryptoPunks」を約7500万円で購入したという。

デジタルアート「Bored Ape Yacht Club」

「いま、松浦さんや見城さんはNFTや仮想空間であるメタバースに熱中しています。それについては好きにすればいいと思うのですが、購入した絵がよくない。神風ハチマキをしたサルの絵は、中国や韓国の反日感情を逆なでしかねませんよ。エイベックスは中国に子会社『Avex China Inc.』があり、中国エンタメ界とのつながりもあります。

 当初、松浦氏はこの絵をTwitterのアイコンにしていましたが、周囲から『神風ハチマキの絵は韓国や中国を刺激するから止めたほうがいい』と助言を受けて、すぐに取り下げていました」(同前)

 松浦氏は冒頭のYouTube配信で、この件についてはこう経緯を語っている。