昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

最近流行っているのは「メンズエステ」

 花音の摘発を機に危険を察知したのか、コロナ禍で店を閉めたり、「時短営業」している深夜店は以前よりも増えたようだ。

「働けるハコがなくなり、ギャラ飲みやパパ活アプリに登録する歌舞伎のキャバ嬢は増えています。私が知っている店の子は半分ぐらいがそういった仕事に登録していますが、店の後ろ盾がない分、かえって危険な目に遭う可能性は増えるのではないでしょうか。

 あとは副業として最近流行っているのが、メンズエステですね。デリヘルなどの風俗店は粘膜接触を嫌って客が激減し、稼げない。その点、メンズエステであれば、嬢も客も安心というわけです。

 キャバ嬢1人あたりの稼ぎが減った一方、昼の仕事を失って『お水の世界で稼ぎたい』という参入希望の女性は増えました。こうした女の子たちを探す歌舞伎のスカウトたちは儲かっていますよ」(スカウト関係者)

コロナ禍で様々な変化が生まれた歌舞伎町 ©文藝春秋

“特需”を迎えた業種も…?

 緊急事態宣言が明け、秋口には客足は増えつつあった。だが、オミクロン株流行への懸念が高まり、忘年会シーズンを迎えたいまは、「会社が大人数での会食を禁止し、深夜に流れて来る新規客は以前の半分程度」(同前)と不況に苦しんでいるようだ。

 こういった店に加えて、居酒屋などの飲食店や夜通し開いていたカラオケ店が自粛を迫られたことでかえって“特需”を迎えた業種もある。

 それが、正規のパチスロ店で設置が認められていない“ハイリスク・ハイリターン”の台を取りそろえた「闇スロ」などに代表される違法ギャンブル店だ。終電を逃し、コロナ禍で行く当てのない“普通のサラリーマン”が、こうした店を訪れる風景も珍しくはなかったという。