昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

GUCCI創業者の孫と結婚した女がブランドの支配に乗り出し…華麗なる一族の“確執と崩壊” 「ハウス・オブ・グッチ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1978年、ミラノ。父が営む運送会社で経理を手伝っていたパトリツィア(レディー・ガガ)は、ファッションブランドGUCCIの創業者の孫で、弁護士志望のマウリツィオ(アダム・ドライバー)と出会う。パトリツィアの熱烈なアプローチが実り、愛し合うようになった2人は、マウリツィオの父ロドルフォ(ジェレミー・アイアンズ)の反対を押し切り結婚する。マウリツィオは家業に興味がなかったが、伯父のアルド(アル・パチーノ)と妻に説得され、暫定的な跡取りとなる。ロドルフォの死後、パトリツィアはGUCCIを支配するために、占い師(サルマ・ハエック)と手を組んで、アルドの息子のパオロ(ジャレッド・レト)ら創業者一族をブランドから排除していく。

〈解説〉

ノンフィクション小説をもとに、グッチ一族の確執と崩壊を描くサスペンス・ドラマ。『最後の決闘裁判』に続くリドリー・スコット監督作。159分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆ちょっとした「王朝もの」映画のよう。レディ・ガガはもっと成り上がり感を見せたほうが。禿頭のJ・レトに笑い泣く(?)。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆イタリア訛りを誇張した英語と大仰な芝居が楽しくない。R・スコットの冗談は不発か。ソープオペラに徹すればよかった。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆肉食獣の迫力L・ガガ。草食獣の佇まいA・ドライバー。名優たちの個性も炸裂し、資産家一族の末路は見事に大崩壊。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆実録系ながら悪ノリ過剰の面白さ。『マクベス』や『ゴッドファーザー』のパロディの如き帝国崩壊。笑えるほど怪演の嵐!

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆グッチ家の物語はまさにゴッドファーザー張りな“ファッション・コルレオーネ”。そこに君臨するガガと男優陣の熱量!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ハウス・オブ・グッチ』(米)
1月14日(金)より全国ロードショー
https://house-of-gucci.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー