昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/01/24

「○○系女子」というカテゴライズ

――「ぴえん系女子」や「地雷系女子」、「量産型女子」などカテゴライズすることが増えていますね。自分がどのグループに属しているのかを気にしているということなのでしょうか。

佐々木 そうですね。ファッションや考え方に名前をつけたり、カテゴライズするのを好む傾向にあると思います。

©末永裕樹/文藝春秋 撮影協力:冬月グループ FUYUTSUKI -DeZon-

 根底に「かわいい」になりたいという願望があると思うんです。でも誰もがTVに出る女優さんやモデルさんみたいな「かわいい」になれるわけではないじゃないですか。王道の「かわいい」にはなれないから、オリジナルの「かわいい」の軸を作り出して、それになりきるんです。Z世代ってSNSで他人から常に評価されてきた世代なので、自己承認欲求が強いんだと思います。

お金を使ってくれる女の子は皆「かわいい」

――そういったオリジナルの「かわいい」を平等に評価してくれるのが歌舞伎町なんですね。だからぴえん系女子とホストの親和性が高いと。

佐々木 そうですね。歌舞伎町では、(お金を使ってくれる)女の子は皆「かわいい」と扱ってくれるので、心地良いと思います。

©末永裕樹/文藝春秋 撮影協力:冬月グループ FUYUTSUKI -DeZon-

 それにぴえん系ってわかりやすいんですよ。ぴえん系ファッションって男女ともに、わかりやすくハイブランドの洋服を着ているので。金がものを言う歌舞伎町で、「こいつは金を持っている」と外見だけで判断できるんです。

z