昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ここは風俗産業です。ただのジュースに1000円2000円払わないでしょ」現役女子大生が語る、高校生も働ける“コンカフェ”のリアル

『佐々木チワワインタビュー』#2

2022/01/24

 10代のころから歌舞伎町に出入りし、フィールドワークと自身のアクションリサーチを基に「歌舞伎町の社会学」を研究する佐々木チワワさん。

 2021年12月には、歌舞伎町やZ世代のリアルを著者自身の実体験と寄り添う取材で書き上げた現代若者論『「ぴえん」という病 SNS世代の消費と承認』(扶桑社)を出版し、話題を呼んでいる。そんな彼女に、混迷の時代を生きる“ぴえん”な若者たちのリアルを聞いた。(全2回の2回目/前編を読む

©末永裕樹/文藝春秋 撮影協力:冬月グループ FUYUTSUKI -DeZon-

◆ ◆ ◆

推している自分の存在に意味がある

――本書でも「推しカルチャー」について触れられていました。「好き」と「推し」の違いって何でしょうか。

『「ぴえん」という病 SNS世代の消費と承認』 (扶桑社新書)

佐々木 好きって相手のことが好きな状態を指しますよね。「推し」は、その人を推している自分の存在に意味があるんです。

 オタクもそうじゃないですか。その人が好きというアイデンティティで、オタク同士が繋がることができる。同担(推しが同じ人)の中でマウントもとれる。「推し」にいくら使うか、「推し」のためにどこまで行けるかで競い合う。「推し」ってライバルがいることが前提なので、「恋愛」とはちょっと違うよねって。

 推しの原点を辿ると、クラスのマドンナに行き着く気がします。高嶺の花のような子に憧れる経験ってあると思うんですけど、あれって自分のものにしたいというよりは、自分には近づけない存在だけど、遠くから応援だけしておきたいんじゃないですか。まさに「推し」と同じなんですよ。

 それに「推し」って逃げの言葉でもあります。いわゆる「ガチ恋」だと「お前ごときがあんな高嶺の花を好きって正気かよ」ってバカにされてしまうこともあるけど、「推し」だとそれがない。だって所詮、推してるだけだから別にいいよねって。付き合いたいわけじゃないしって。

――なるほど。とても便利な言葉ですね。